FC2ブログ

東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不器用な告白

コメントをくださった
ゆ*もさん♥
c*co.hanaさん♥
も*さん♥
B*llieさん♥
leonさん♥
ありがとうございます♪

いつも温かい拍手をありがとうございます








「あぁっ、悔しい・・・っ、次は絶対負けないからっ」

「俺だって負けない」


「はぁ・・・っ、仔虎兄様に格好いいところを見せたかったのに・・・」


がっくりと肩を落とす未来の長

いつも堂々として、仲間思いで頼りになる白虎だけれど
唯一、仔虎兄さんに関しては、少し弱気になる

たかが狩りの勝負で俺に負けたからといって
そんなことで仔虎兄さんが白虎を嫌いになるはずがない


「白虎も凄いよっ、僕にはあんな大きな獲物獲れないもん」

「本当?僕、格好良かった?仔虎兄様のために頑張ったんだよ
 ・・・・ユノに負けちゃったけど」

「格好良いよっ、疲れたでしょう?
 僕のお部屋に来る?肉球揉み揉みしてあげる」


・・・・・


そうだよな
そうなるよな

人前でイチャイチャするのは苦手だと仔虎兄さんは言うけれど
十分、やっていると思う

・・・さっさと番ってしまえばいいのに

長夫婦にも認められている二人だ
何の障害もなく、愛を育む二人を羨ましく思う



「ユノさんすごいっ、白虎兄様に勝つなんて・・・
 ・・・えっと、・・・とっても格好良かったです」

----もちろん、白虎兄様も格好いいけど

そう言いながら、真っ赤になって俯く姫

もじもじ、そわそわ落ち着きがない姫の頭を撫で、
褒めてくれてありがとうと告げる

いくら狩りをして、大きな獲物を沢山獲っても姫のためにはならないけれど
それでも褒められるのは嬉しい

相手が姫だから、よけいに・・・


「次は姫の餌だな・・・
 一緒に森に行くか?」

「はい、あの・・・パパに言って許可をもらってきます」


とてとて走り去る小さな体
長にはまだ認めてもらえていないけれど・・・
それならば、認められるように努力するまでだ


「早く帰って来なさいって言われちゃったけど、
 ユノさんと一緒なら、森に行ってもいいって」

「・・・長がそう言ったのか?」

「うんっ、ママがね、ユノさんと一緒なら安心だって言ってくれたの」

「・・・そうか、
 絶対、俺の傍を離れるなよ?」


あっさり許可が下りた事を不思議に思っていたけれど、
チャンミン様が傍にいたのなら納得だ

虎族の長は、誰よりも強く、逞しく・・・
皆の憧れだ
長の言う事は絶対で、信頼しているからこそ全ての虎族が従う

けれど、実際・・・一番権力があり、
決定権を持っているのはチャンミン様だと思っている

もちろん、チャンミン様本人はそんなつもりはないだろうが・・・
長の溺愛っぷり、惚れ具合を見れば一目瞭然



「・・・手を繋いでもいいか?」

「・・・は、はい・・・っ」


そっと重ねられた小さな手
緊張で指先が震えているのは俺の方か・・・それとも姫か・・・

繋いだ手はとても温かい
手だけではなく、心も・・・

けれど、恥ずかしさは増すばかりで・・・お互い口を閉ざしたまま

白虎なら・・・明るく、仔虎兄さんを笑わせられるのだろうが・・・
不器用な俺には無理だ


「・・・ごめん、俺が誘ったのに、楽しませてあげられなくて・・・」

「・・・っ、・・・僕、楽しいです、
 ユノさんと一緒なら、・・・どんなことでも楽しめます・・・」


森へ着き、黙々と木の実を拾い集める
あっという間に籠の中が一杯になり、思わず苦笑い

気の利いた会話もできなくて・・・
好きな子を楽しませることもできない

こんなつまらない男
長に認められなくて当然だ・・・・
だからといって、簡単には諦められない


「姫の事が好きだ」

「・・・・えっ」


口下手で、甘い言葉を囁くこともできない
想いを伝える時でさえ、たった一言で精一杯

内に秘める想いは熱く、姫への気持ちが溢れているけれど、
上手く言葉にできない



「僕も・・・僕も、・・・ユノさんが好き、・・・です」



「・・・本当に俺でいいのか?」

「はい」



「いつか、必ず・・・長に認められる男になるから、
 その時は、俺の番になってほしい」

「・・・は、はいっ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログランキングに参加しています
いつもポチっとありがとうございます

スポンサーサイト



| Tiger&Bambi | 23:14 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こっこ様❤️

仲良く 順調に愛を育む白虎と仔虎を
“羨ましいなぁ~☺️”と思ったユノ君の
精一杯 心からの告白💕
嬉しい😆 嬉しい❗ 嬉しい❣️
姫も自分の気持ちを
一生懸命伝えました(〃艸〃)
ぶんぶん喜ぶ長いユノ君の尻尾
ぴこぴこぱたぱたと喜ぶ姫の尻尾
心もほんわか暖かく
『遅くなるといけないから帰ろうか…』
手を繋いでお城の方を向いたら👀
“振り返れば長がいる”
いつから? 
チャンミン様の制止も聞かないで
最初からついてきてた?

大きな壁 ユンホ様に挑むユノ君
頑張れー👊😆

いつもお返事ありがとうございます☺️
ミニバンビが可愛いくて仕方ないカイさんは
姫の初恋を応援してるのか?
わくわくo(^o^)oしながら
次のお話しを楽しみにしています
o(*≧∇≦)ノ💞

| leon | 2019/12/07 00:14 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/12/07 00:16 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/12/07 01:57 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/12/07 06:55 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/12/07 18:13 | |

leonさん♥

コメントありがとうございます(^^)

白虎ちゃんと仔虎ちゃん♥
仲良し&ラブラブじゃないのぉぉぉぉぉ~~♥(´艸`)

白虎ちゃんはヘタレのニオイがぷんぷんするけど(笑)
虎ユノの子だから、ヤル時はヤル!のかしら///

【振り返れば長がいる】

ゃ~ん♥
いつかのTVドラマみたい(≧▽≦)
こっこさん、好きだった~♥
leonさんも知ってる???

ユンホ様は大きな壁
ユノくんが超えられるか・・・こっこさんは心配です^^;
姫バンビちゃん溺愛のユンホ様♥

二人が結ばれるには・・・
ミンの夜のご奉仕にかかっているのでしょうか(〃▽〃)

| こっこ | 2019/12/10 19:34 | URL |

こっこ様❤️

はい❗
TVドラマ もちろん知ってますとも
o(*≧∇≦)ノ ←こんな感じでカラオケも歌ってました

| leon | 2019/12/10 22:51 | URL | ≫ EDIT

も*さん♥

コメントありがとうございます(^^)

負けず嫌いな白虎ちゃん(≧▽≦)

姫ちゃん憧れのユノさんは、強くて逞しくて
格好いい虎なのね♥
せっかく仔虎ちゃんにいいところを見せたかったのに残念^^;

ユノさんと姫の初々しいやり取り♥
ラブラブ&エロエロのユンホ様とミンよりも恥ずかしい気持ちになるのはなぜでしょう(笑)

ツンデレでちょっと意地悪なユノさんだけど、愛の告白は紳士にストレート♥
姫ちゃん、メロメロです///

| こっこ | 2019/12/11 21:45 | URL |

r*ngさん♥

コメントありがとうございます(^^)

チャンミンはユノくんと姫ちゃんの味方♪

いつかきっとユンホ様似も認めてもらえますから♥
だってユノくん、いい男ですもの~~(≧▽≦)

男らしいイケメンユノくんと、ミンそっくりの可愛い姫ちゃん♥
初々しいカップルです(〃▽〃)

| こっこ | 2019/12/12 20:21 | URL |

え*さん♥

コメントありがとうございます(^^)

ユノくんと姫ちゃん、お似合いですよね~♥(´艸`)
二人ともツンデレだけど、素直に想いを伝えました♥
こんなに早く運命のユノ族と出会えた姫ちゃんは幸せですね(〃▽〃)

「Blue Rose」何度も読んでくださってありがとうございます(≧▽≦)
ユンホ隊長の溺愛っぷり♥
ミン王子は愛されてますよね♥
私もお気に入りの作品です///

| こっこ | 2019/12/12 20:29 | URL |

c*co.hanaさん♥

コメントありがとうございます(^^)

肉球揉み揉み♥
白虎ちゃんと仔虎ちゃんは、まだ番っていないけど熟年夫婦のニオイがします(笑)
白虎ちゃんが産まれた時からずっと一緒ですもんね♪
仲良しだなぁ♥

ユノくん&姫ちゃんの新米カップルも、早くラブラブしてほしいです(´艸`)
ユンホ様、早く二人を認めてあげて♥

| こっこ | 2019/12/12 20:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/2111-b5d44f15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT