FC2ブログ

東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

crossroad 18.

コメントをくださった
c*co.hanaさん♥
leonさん♥
ぴ*さん♥
ありがとうございます♪

crossroad 18.  (part.~changmin~)
いつも温かい拍手をありがとうございます







「遅くなってごめん・・・っ」

「ユンホさん、いらっしゃい」



待ち合わせの度に、開口一番
ユンホさんの謝罪から始まる

もちろん、僕はいくら待たされても気にしていない
むしろ、朝早くから夜遅くまでお仕事をしている恋人を誇らしく思う
体を壊さないか心配だけれど


「・・・あぁ、やっと会えた」


玄関で出迎えた僕を、ユンホさんがふわりと抱き締める
電話やLINEでやり取りをしているけれど、生身のユンホさんは本当に久しぶり

僕もユンホさんの背中に腕を回そうとしたところで・・・


「・・・っ、ごめん・・・っ、俺、ここまで走って来たから汗かいてて・・・」


ユンホさんが僕の体からぱっと離れた

僕が抱きしめ返そうとしたから避けられたのかも・・・と不安になったけれど
どうやらそうではなかったらしい

僕は、ほっと胸をなで下ろし・・・



「ご飯の準備もできていますけど、先にお風呂に入りますか?
 さっぱりしますよ?」

「・・・・・・え」


「・・・・えっ」


「・・・あ、や・・・、それ・・・もう一回言って?」

「ご飯にしますか?それとも、先にお風呂・・・」



・・・・・っ、

そこまで言ってようやく気付く

これ・・・新婚の、・・・新妻のお決まりの台詞じゃないか・・・っ



「ご、ごめん・・・からかうつもりじゃなくて・・・
 嬉しくて・・・」


一瞬にして顔を真っ赤に染めた僕に、ユンホさんが焦り始める

そして、お互い見つめ合い・・・緩んだ顔のまま微笑み合う


「シャワー借りてもいいかな?すぐ済ませるから」

「はい、僕はご飯の準備しておきますね」


ユンホさんに僕のTシャツと、タオル、新品の下着を渡し
僕は料理を温め直す

や・・・、あの・・・着替えを渡したからといって、今夜、ユンホさんが家に泊まるわけではない

僕達はまだ・・・そこまで深い関係にはなっていないのだから



「美味そう」

「ふふっ、沢山食べてくださいね」


ユンホさんのために用意した夕食は、サクサクとんかつと夏野菜のカレー
冷やしトマトのサラダ、とろとろオムレツ

ユンホさんは、美味しそうに沢山食べてくれて、おかわりもしてくれた


手料理を好きな人が食べてくれる
その姿を見るだけで幸せな気持ちになる



「・・・あっ、僕・・・ユンホさんのお茶碗が淋しがっているって言ったのに・・・
 今夜、お茶碗使わなかったです」


食後のコーヒーを淹れ、まったりタイム
いつもなら、メッセージのやり取りをしている時間だ
けれど、今日は本人が目の前にいる

今夜、会うきっかけになったユンホさんのお茶碗は、食器棚に仕舞われたまま・・・

・・・カレーじゃなくて、他のメニューにすればよかった・・・


「淋しがらせないようにするよ、茶碗も・・・チャンミンも」

「・・・はい、でも無理しないでくださいね」


まだ完全に乾ききっていないユンホさんの髪
湯上りも、いい男だ

そして、優しくて紳士


ソファの隣に腰かけて、そっと僕の手にユンホさんの手が重なる
肩が触れ合うほどの距離に、僕が慣れているはずもなく・・・

少し触れるだけで顔が火照るし、心臓がバクバク煩い
ユンホさんに聞こえてしまいそう・・・



「いつもごめんな、・・・何処にも連れて行ってやれないし」

「いいんですっ、僕は・・・ユンホさんの仕事の邪魔をしたくないし・・・
 ユンホさんが僕に会いたいと思ってくれるだけで嬉しいんです」



「・・・チャンミン、好きだよ」



ユンホさんは、僕の言葉にいつも癒されて、やる気をもらっていると言ってくれる
そして、真っすぐ目を見つめて甘い言葉

す、好き・・・なんて
面と向かって言われる事に慣れていない

ぱちぱち瞬きを繰り返しながら、視線を逸らせずにいると


「・・・・ぁっ、・・・」


そっと抱き寄せられ、そのままきつく抱きしめられる
僕はユンホさんの胸元に顔を埋め・・・
腰と後頭部に回された手が、一ミリも離れる事を許してくれない



「・・・キス、したい」

「・・・・え、」

「キスしていい?」


そして、ユンホさんの擦れた声が耳元に・・・

たった一言だけれど、ユンホさんの想いが僕の中に流れ込んでくる


付き合い始めてから、僕達の間には何もなかった
恋人らしい関係へ進めないのは・・・僕に魅力がないからだと思っていたけれど


ユンホさんは、ただ僕を大切にしてくれているだけだと知った



「好きだ、チャンミン」

「・・・・んっ、・・・・ふっ、・・・・ん・・・・」


こくんと頷くと、そっと体が離されて・・・優しく顎に手を添えられて・・・
ゆっくりとユンホさんの顔が近付いてくる

目を閉じると同時に、唇に柔らかい感触・・・


そっと触れるだけのキスだったけれど
初めての口付けは、甘く蕩けるような幸せな瞬間だった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログランキングに参加しています
いつもポチっとありがとうございます
スポンサーサイト



| crossroad | 20:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/08/17 21:21 | |

こっこ様~❤️

「ご飯にしますか?それとも、先にお風呂・・・」
無意識に飛び出した新妻発言(〃艸〃)
可愛いチャンミンにドキドキのユンホさん
汗と一緒に焦る気持ちも流してサッパリ?

初めてのユンホさんとのkissに
真っ赤になって幸せを感じる
初々しいミン💖
可愛いがいっぱい❤️


いつもお返事ありがとうございます☺️
可愛いチャンミンに
『俺もドキドキ💓
 キター ゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚←ハヤトチリ
 えっ😱💥 
 だって「美味そう」って言った・・・
 はい。。(〃_ _)σ∥まだ我慢します
 出来ます。。。頑張ります』byユンポ君
そんな自制心の塊なユンポ君を誉めながら
お話しの続きを楽しみにしています
o(*≧∀≦)ノ❣️



| leon | 2019/08/19 08:16 | URL | ≫ EDIT

h*ppytvxqさん♥

コメントありがとうございます(^^)

ユンホ警官とミン♥
お互い大切にし合っててとっても幸せです(≧▽≦)
ユンホ警官はミンに優しい♥
ミンが可愛くて仕方ないのです(〃▽〃)

かっこいいユノさんと可愛いチャンミン♥
楽しんでくださってありがとうございます♪
甘々ラブラブなホミンちゃんが私も大好きなので、一緒に萌えてください♥

| こっこ | 2019/08/25 08:57 | URL |

leonさん♥

コメントありがとうございます(^^)

新妻チャンミン(≧▽≦)
ゃだ~♥
いきなり新婚ごっこ?(笑)

ユンホさん、めっちゃ喜んでるし(〃▽〃)
こんなにラブラブ仲良しなのに、やっと・・・やっと、ちゅー♥ですよ~~
初々しい反応を見せるミンに、これ以上は進めません^^;

大丈夫!
ユンホ警官のユンポ君は大事なミンのためにいくらでも耐えます☆
時々毒舌になるけど(笑)
ミンを襲ったりしないもんね♥

| こっこ | 2019/08/25 09:05 | URL |

ここ菜さん♥

拍手コメ、ありがとうございます(^^)

ユンホさん、本当にミンを大切にしてますよね♥
健気なミンが可愛くて仕方ない♥
初々しい二人をこれからも見守ってください(〃▽〃)

| こっこ | 2019/09/01 17:53 | URL |

s*ichan♡yunoさん♥

拍手コメ、ありがとうございます(^^)

新婚さんごっこに大興奮のユンホさん♥
照れるミンがまた可愛いの~~(´艸`)

やっと!やっとちゅー♥ですよ~///
ちゅー♥する二人が初々しくて、こっちまで照れちゃいます(≧▽≦)

| こっこ | 2019/09/01 17:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/2034-dc96f6a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT