FC2ブログ

東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

crossroad 13.

コメントをくださった
B*llieさん♥
leonさん♥
も*さん♥
ありがとうございます♪

crossroad 13.  (part.~changmin~)
いつも温かい拍手をありがとうございます








逞しい腕に支えられ、思わず厚い胸板に頬を寄せる
細くてすらっとしていると思っていたけれど・・・

身を任せたユンホさんの体は逞しく
ユンホさんに守ってもらえる人はとても幸せだろうなと思う


「チャンミンさんの事は、俺が守ります」


・・・・・え?


僕が思っていた事を読まれたのだろうか
ユンホさんは真っすぐ僕を見つめていて

無理無理・・・っ
そんな整った顔でじっと見つめないでほしい


「あ、ありがとうございました・・・、僕、浮かれすぎてぼーっとしてたみたいです」

「・・・浮かれすぎて?」

「ゃ・・・、えっと・・・、ユンホさんと会えた事が嬉しくて・・・」


あぁっ、もう・・・
何言ってるんだろう、僕・・・


「は、早く行きましょう?お腹減ってますよね」


照れ隠しにユンホさんの腕を掴んで、さっさと歩き始める
会えて嬉しい、なんて・・・
社交辞令で誘ってくれたユンホさんにとっては、重い言葉だろう

もう二度と・・・誘ってもらえないかも


「買い物は・・・寄らなくていいですか?」

「・・・っ、・・・はい、材料は揃っているので・・・、
 ぁ、ユンホさんが欲しいものがあれば・・・」

「俺は、チャンミンさんと一緒にいられるだけで十分です」



僕が掴んだユンホさんの手
それを、ユンホさんが繋ぎ直す

辺りは日が沈んでいるとはいえ、歩道は、街頭や店の明りで照らされている
そんな中、そっと指先を握り、無言で歩く
駅までの道のりがやけに遠く感じられ・・・このまま延々と続けばいいのに、・・・とか



「すぐ準備しますね、コーヒー淹れますから待っててください」

「俺も手伝いましょうか?」

「いいえ、今日は僕がご馳走したいんです、
 今度、一緒に何か作りましょう?」

「はい、それは楽しみです」


狭いアパートの一室にユンホさんを招き入れ、早速料理に取り掛かる
今日は、元々料理教室のメニューを試作するつもりだったから、下ごしらえは済ませている

ユンホさんは、落ち着かないのか・・・そわそわしているみたい
長い足を組んでソファに座り、ちらちらとキッチンの様子を窺っている


-----今度、一緒に何か作りましょう?

とか・・・勢いに任せて口にしてしまうくらい、僕は浮かれている
料理に集中しないと、指を切ってしまいそうだ



「肉じゃがをもう少し煮込んだら出来上がりです」


ことこと鍋で肉じゃがを煮込み
出来上がりを待つ間、簡単に摘まめる小鉢をテーブルに並べる


「・・・自分から誘っておきながら、庶民的な料理ですみません、
 僕の担当が家庭料理中心なので」

そんな言い訳を口にしながら、焼き茄子と、トマトとチーズのサラダ
玉ねぎと貝割のサーモンマリネ
テーブルに運ぶと、世帯染みた空気が少しは華やかな雰囲気になる


「・・・凄い、・・・美味しいです」

「よかった、沢山食べてください」


ユンホさんが前菜に夢中になっている間に、メインをお皿に盛る

今夜は、豚の生姜焼きと肉じゃがだ
少し作りすぎてしまったのは・・・僕の料理を沢山食べてほしかったから

炊き立てのご飯をよそい、お味噌汁と一緒に運べば料理は完成



「すみません、お客様用の食器がなくて・・・
 普段は誰も来ないし、僕一人だから・・・」


ユンホさんのために頑張って料理しても、盛り付けたお皿は普段使いの物
お洒落・・・とは程遠く、よく言えば家庭的・・・


「今度、一緒に買いに行きませんか?
 あぁ、でもユンホさん忙しいですよね・・・僕が選んでもよければ・・・」

「一緒に行きましょう、次の約束が決まりましたね」


僕は、ご飯を口に運びながら固まってしまう

自分が何を言ったのか・・・
その言葉に対し、ユンホさんが何て答えたのか・・・軽くパニック状態


ユンホさん用の食器を一緒に買いに行くって・・・
なに、その特別感・・・
ユンホさんが家に来ることが日常的になるとでも思っているのか

舞い上がるにもほどがある
自分で自分の失言に後悔する間もなく、ユンホさんが肯定するものだから・・・
調子に乗ってしまいそうだ

・・・ユンホさん、引いてないかな?
心配になって眉を下げる僕に対し、



「あぁ、美味い・・・、こんなに美味い料理がまた食えるなんて・・・
 本当に楽しみです」


ユンホさんは、にっこり優しく微笑んでくれた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログランキングに参加しています
いつもポチっとありがとうございます
スポンサーサイト



| crossroad | 17:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/08/11 21:34 | |

こっこ様❤️

きゃっーーー((o(^∇^)o))
これで まだお付き合いしてないとか⁉️
めちゃめちゃ初々しくて💓
ほら🎵 ほら🎵 ユンホさん
真面目すぎるのはわかってるから
『チャンミンさんが好きです(笑顔)
 俺とお付き合いしましょう❤️』と
素直に嬉しくて浮かれてるミンを
もっと喜ばして~❤️

いつもお返事ありがとうございます☺️
真面目警官ユンホさん❣️
ユンポ君も真面目な慎重派?暴れん坊??
もうすぐ登場する?する⁉️
ワクワクo(^o^)oしながら
お話しの続きを楽しみにしています
o(*≧∀≦)ノ💖

徘徊ダサミン(((*≧艸≦)ププッ
イケメンレーダーが反応すると
無意識にフラフラと本能のままに🎶
まぁ何処に行ってもユンホ先生の
ダサレーダーで保護出来ます
あれっ?
ユンホ先生も爽やかイケメン教師
てことはユンホ警官も変態なのかしら?
そこら辺も楽しみ💓♥️❤️

| leon | 2019/08/12 08:38 | URL | ≫ EDIT

c*co.hanaさん♥

コメントありがとうございます(^^)

無自覚無恥故の積極性♥
ミンってば、気付いてます?ユンホ警官を煽りまくりですよ(´艸`)

あぁっ♥
歯ブラシは必需品ですね(≧▽≦)

花園からは、お揃いパジャマを贈呈します♥

| こっこ | 2019/08/13 22:50 | URL |

leonさん♥

コメントありがとうございます(^^)

真面目でお堅いユンホ警官
実は・・・ユンホ先生もびっくりの変態さんだとか?!
ゃ~ん♥
ドンヘさんに逮捕されちゃう(笑)

その時は、花園弁護士事務所が全力でユンホ警官を弁護します!
むしろ、シウォン氏とギュ氏を起訴します!
・・・
あれ?ギュ氏は登場してませんでしたね・・・
でもついでなので(爆)

警官ユンポ君が慎重派か暴れん坊か・・・どうなのでしょう?
それは、きっとミンのオチリが証明してくれるでしょう(≧▽≦)

| こっこ | 2019/08/13 22:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/2029-b3590e83

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT