FC2ブログ

東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TIMELESS 9.

TIMELESS 9. (part.~changmin~)

いつも温かい拍手をありがとうございます








自分の気持ちを自覚してから、今までどんなふうにヒョンに接していたか分からなくなって
意識しすぎて戸惑う事も多くなった

でも、ヒョンは変わらず優しくて・・・頼りになって
それだけではなく、時々子供のようにそそっかしい


「・・・ヒョン、その歯ブラシは僕のです」

「え?そう?」



あの夜・・・
ヒョンが歯ブラシを使い分けていないと知った次の日
僕は、早速油性ペンを手に取って、歯ブラシの持ち手に印を書いた

ユンホのYとチャンミンのC、だ

もちろん、色分けもしている
ヒョンは赤で、僕は青

それなのに、ヒョンは自分の歯ブラシがどれなのか・・・
全く気にしていないようだ


「まぁ、いいじゃん、俺とお前の仲なんだし」

「・・・・どんな仲だって言うんです」

「うーん、家族よりも近くて、大切な・・・お互いの半身みたいな存在かな?」


そう言って、洗面台の鏡越しに目が合うと、ふわりと優しく微笑む
そんなふうに言われてしまえば、僕はこれ以上何も言えない

だって、家族よりも大切って・・・
緩みそうになる口元を隠し、必死に耐えていると
何笑ってんだ、とヒョンにくしゃくしゃと髪を撫でられた


些細な表情の変化にも気付いてくれるなんて・・・
僕の事を一番理解してくれるのは、ユノヒョン以外にいない






「・・・・面会制限でも設けてるわけ?」

「面会制限って何?」


キュヒョナと出かけるのは、僕の楽しみの一つ
お互いの近況を報告し合ったり・・・くだらない話で盛り上がったり

例え、僅かな時間でも親友と過ごす時間は楽しい

けれど、今夜のキュヒョナは少し険しい顔と同時に、疑問符が浮かんでいる
言われた意味が理解できない僕は、首を傾げて問い返す


「シウォンさんがお前と二人で会うのはだめだって、ユノヒョンに断られたらしい」

「・・・・え、僕・・・誘われてないけど?」

「だから、ユノヒョンの許可が下りなくて誘えなかったんだよ」


話題に出たシウォンさんは、知らない仲ではない
年下の僕を可愛がってくれる優しい人だ
けれど、今まで一緒に出かけたことは無いし、誘われたこともない
それなのに、どうして急に・・・しかも、ヒョンの名前まで出てくるなんて



「俺は、親友ってポジションでユノヒョンの信頼を得ているのかな・・・、
 あぁ・・・でも、チャンミナ・・・門限あるんだよな?」


----門限?


今日のキュヒョナはおかしなことばかり口にする

大の大人の男に、門限なんてあるものか
羽目を外して無茶な事をするわけでもないし、トラブルを起こす事もない
ただ親友と楽しく飲んで、タクシーで帰宅する・・・それだけだ


・・・タクシー?

そういえば・・・
キュヒョナと出かけると報告した時、自分が迎えに行くとユノヒョンは言っていなかったか?
それを思い出し、まさかとスマホを確認すると同時に・・・


「騎士のお出ましだ」


キュヒョナが立ち上がって一礼する
その先に視線を向けると、すらりと背の高い小顔の男が僕たちのテーブルに向かってくる
その男が誰なのか確認するまでもない
彼の言葉を借りるならば、毎日顔を合わせている僕の半身だ


「電話したんだけど、気付かなかった?」

「すみません、・・・今気付きました」

「そうか、いいよ、お前が無事なら」


僕の姿を確認すると、目を細め、ほっとした表情を見せる
僕・・・ユノヒョンに心配をかけるような危なっかしい事はしないのに



「シウォンは?来てないよな?」

「はい、来てません、すごく残念がってましたけど・・・」


そして、キュヒョナの言葉に安堵の息を吐き・・・すっと、僕の手を取る
その仕草は、キュヒョナが比喩した通り、まるで騎士のようだ


「帰ろう、チャンミナ、迎えに来たんだ」

「・・・・はい」


----面会制限
それは、シウォンさんと僕を二人きりにしないこと

----門限
それは、日付が変わる前にヒョンが僕を迎えに来ること



キュヒョナが僕と会うための、ユノヒョンが出した条件らしい

どれだけ過保護なんだと、キュヒョナは呆れていたけれど

僕は・・・それだけヒョンに気にかけてもらっていると知って・・・
ますます、ヒョンへ惹かれてしまった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログランキングに参加しています
いつもポチっとありがとうございます
スポンサーサイト

| TIMELESS | 18:41 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こっこ様❤️

キャッーーーO(≧∇≦)O
過保護な束縛騎士ユノヒョン🎶
独占欲の塊でございます(*´艸`)
そんなヒョンを嬉しく思うチャンミン❣️
その笑顔が可愛いくて仕方のないヒョン💖
イチャイチャエンドレス💓♥️❤️

歯ブラシは“どっちの”でも平気(笑)
よく見ると色んな《C》マークを
身に付けているユノヒョン
『あれ?
 僕のお気に入りのパンツどこ??
 ヒョーン❗ それ僕の・・・』
『えっ? あー 洗濯してるだろ
 俺 気にしないから
 チャンミン これ俺のお気に入り』と
自分のパンツを差し出すヒョンに
真っ赤になったチャンミンと一緒に
照れながら(〃艸〃)
お話しの続きを楽しみにしています
o(*≧∀≦)ノ💕

| leon | 2019/07/18 08:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/2008-33baa577

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT