FC2ブログ

東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TIMELESS 8.

コメントをくださった、leonさん♥
ありがとうございます♪

TIMELESS 8. (part.~part.~U-Know~)
いつも温かい拍手をありがとうございます









チャンミンの寝顔をまじまじ眺めると、自然と頬が緩む

こんな可愛い寝顔なのかと、つい手が伸びてしまい
柔らかな頬と、丸い頭を何度も撫でて、その感触を楽しむ


真っ赤な顔と潤んだ瞳を目にした時は、風邪でも引いたのかと焦ったけれど
すーすーと穏やかな寝息を立てている様子から、重病ではないだろうと安堵する


----本当に可愛い


思わず、握った手に力を込め、自分の胸元に抱き込むようにチャンミンを引き寄せた




「・・・・ヒョン?」

「あぁ、起きたの?・・・ちょっと待ってろ、すぐ・・・できるから」

-----わぁ・・・っ、


翌朝、普段はチャンミンに任せきりの料理に挑戦しようとキッチンに立つ
もちろん、風邪気味なチャンミンのために朝食を準備するためだ

けれど、玉子は黒く焦げ、ベーコンもカリカリを通り越して鋼のようになっている
そして、一歩動くたびに叫び声

足元に切り刻まれた野菜の欠片が落ちていたり
鍋に入れたまま温めたお玉の持ち手が熱くてびっくりしたり・・・
朝から一人、騒がしい


「・・・ヒョン、・・・これ・・・」

「え、あれっ?トーストって・・・焼けたら勝手にタイマー止まるんじゃないの?」

「2、3分くらいでいいんですよ?何分焼いたんですか?真っ黒です」

「・・・時間?・・・えぇっと・・・どうだったっけ?」

「ふふっ、慣れない事をするからですよ?でも、僕のためにありがとうございます」



トースターの中で真っ黒になった塊は、最早食パンの原型を留めておらず、
炭のようになっている
火事にならなくてよかったと笑うチャンミンにつられて、俺も声を上げて笑ってしまった

料理は大失敗だったけれど、二人で笑い合って過ごす時間に癒される
チャンミンといると、肩の力が抜けて自然体でいられるのだ

それだけでなく、こいつの為なら何でもしてやりたいと思ってしまう
だから、つい・・・過剰に甘やかしてしまうのだ




「ヒョン、これで手を拭いてください」

「ん、ありがとう」


結局、チャンミンが朝食のパンとベーコンを焼き直し、
俺は、二人分のコーヒーを淹れただけ・・・

ぽろぽろとパンくずをこぼし、手を汚す俺にそっと手拭きが差し出され
それを素直に受け取って微笑み合う
こんな幸せな朝はない

いつもと変わらない日常だけれど、チャンミンと過ごす時間が一番の安らぎだと実感する




「・・・チャンミンと食事?」

けれど、その後かかってきた一本の電話が俺のチャンミンに対する想いを自覚させたのだ


「キュヒョンなら・・・まぁ、許すけど・・・なんでシウォンも・・・?」


シウォンからの電話の内容は、チャンミンを食事に誘いたいというもの
なぜ、直接チャンミンではなく、俺に連絡してくるのか

それは・・・


----ユノの許可がないとだめだって言うから


チャンミンを誘うには、俺の許可がいるとキュヒョンから言われたらしい
それはそうだ
あんな可愛い顔をして、素直で・・・
警戒心は強いけれど、心を開いてしまえばたちまち人を虜にする
特に、年上の男に気に入られるのだ、チャンミンは・・・


「・・・いや、だめだ、
 チャンミンを危険な目に遭わせるわけにはいかない」


キュヒョンも・・・だが、シウォンは・・・
あいつよりも危険な匂いがする

何より・・・男らしくて、遊び心もあって
そういう包容力のあるシウォンとチャンミンが親しくなると
俺から離れていくのではないか・・・そんな危機感を抱いてしまう


俺とチャンミンの平穏で温かい日常が壊れてしまう
他の男が俺達の間に入り込むなんて許せない

本当なら・・・キュヒョンだって近付けたくないんだ





「ヒョン、アイス補充しましたけど、一日一個だけですからね?」

「わかってる」

「それと、今度キュヒョナと食事に行きます」


「・・・・二人で?」


「はい、二人です、いいですか?」

「・・・・まぁ、・・・いいけど、
 ・・・帰りは、俺が迎えに行くからな」



昼間の電話の後のこのタイミング

もしかすると、キュヒョンと一緒にシウォンも来るかもしれない
この目でチャンミンの無事を確かめないと安心できない

チャンミンに他の男が近付くと、
胸の辺りがもやもやするのはなぜだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログランキングに参加しています
いつもポチっとありがとうございます
スポンサーサイト

| TIMELESS | 21:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こっこ様❤️

えぇーーー!!(゜ロ゜ノ)ノ
ヒョン⁉️ まだ気がつきませんかぁ。。。
可愛いチャンミン
笑顔も寝顔もいつまでも見ていたい
何でもしてあげたい甘やかしたい
俺以外が近寄るのは・・・嫌だ❗
これを恋と言わないでどーするの?

誰かぁ~ドンへさんでもヒチョルさんでも
この際 ギュでもいいから
『チャンミンに惚れてますね☺️』って
呟いて下さいませm(_ _)m
じゃないと我慢の限界が近い
フライングユンポ君がぁーーー💦

自分の気持ちにユノヒョンより
先に気がついたチャンミン
寝ているヒョンの頬にkiss💖もあり?
ミンがヒョンの寝顔を覗き込んだら
頭をポンってした~い❗と
ウズウズo(^o^)oしながら
お話しの続きを楽しみにしています
o(*≧∀≦)ノ💓♥️❤️

| leon | 2019/07/12 08:13 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/07/12 12:08 | |

leonさん♥

コメントありがとうございます(^^)

ユノヒョンはまだ気付きません^^;
ユンポ君は、もぞもぞし始めましたけど(〃▽〃)
既に臨戦態勢かもしれません♥
ユンポ君、素直で元気だから(笑)

恋心は無自覚だけど、既に独占欲丸出しです♥
気付いていないのは本人達だけ・・・

あぁ・・・
このままだと、お互いがお互いの寝込みを襲いそうで怖い(爆)
だって、ミンの寝顔は可愛いし
ヒョンは寝顔も男前だし(´艸`)

こっこさんも、寝室に忍び込んで朝まで眺めていたいです♥

| こっこ | 2019/07/16 20:20 | URL |

カ*ンさん♥

コメントありがとうございます(^^)

ユノヒョン・・・
恋心は無自覚ですが^^;
ミンの事が可愛くて大切で・・・必死に守ってます///
誰も近付けたくない・・・
独占欲丸出しですね♥

お互い大切に想っているから、二人のやり取りは微笑ましいです(〃▽〃)

想いが通じ合ったら・・・
ユノヒョンの溺愛が止まりませんね(≧▽≦)

| こっこ | 2019/07/16 20:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/2006-8c9755dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT