FC2ブログ

東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TIMELESS 7.

コメントをくださった
き*んさん♥
鈴子さん♥
く*みさん♥
leonさん♥
ありがとうございます♪

拍手コメをくださった、さ*らこさん♥
ありがとうございます♪

TIMELESS 7. (part.~changmin~)
いつも温かい拍手をありがとうございます








-----ガチガチ

ベッドの中で固まった僕の体から聞こえる音
実際、そんな音が鳴るはずはないのだけれど・・・

自分から握ったヒョンの手を握り返され
この人が好きだと意識した途端、体が緊張で固まってしまった

少しでも動けば、体が触れ合う感触を生々しく感じてしまう
だから、よけい動けなくなってしまったのだ



「・・・・チャンミナ?」


不自然に固まった僕を、ヒョンが心配そうに覗き込む

いくら僕が動かないように気を付けていても、
ヒョンが動けば全て無駄

今も、ヒョンが僕に覆い被さって
まるで組み敷かれているみたいな体勢だ



「お前・・・っ、熱あるんじゃないか?」



けれど、発せられた言葉は色気とは程遠く・・・


「体温計ってあったっけ?
 ・・・えぇっと、・・・その前に救急箱・・・、どこにあるんだ」


真っ赤に染まった僕の顔を見たヒョンが慌て始める
熱を測るものが体温計だという事は知っていたらしい
けれど、それが何処にあるのか・・・そして、救急箱の在処も分らないらしい


・・・や、でも・・・
僕のこの赤い顔は、もちろん発熱のせいではない


「ヒョン、あの・・・僕、熱はありませんから・・・」

「何言ってんだよ、こんなに赤い顔してるのに・・・ 
 ほら、よく顔を見せてみろ」

「・・・ひゃっ」



ヒョンは、僕の話には聞く耳持たず・・・
おでこにかかる髪を払い、そこに自分の額を寄せ、


「・・・・ん?熱い・・・のか?
 よく分かんないな・・・、こっちは?ちょっと触るぞ」

「・・・・っ、・・・・ん・・・・っ」



おでこ同士がくっつき、それはつまり・・・目の前にヒョンの顔があるということ
けれど、そこまでしても熱の有無ははっきりせず・・・
今度は、撫でるように首に触れ
その手は更に下へと伸ばされる


「・・・なんだこれ、肌が手に吸い付く・・・
 気持ちいい」

「ひゃ・・・ぁ・・・・んっ、・・・ゃ・・・っ」


Tシャツの裾を持ち上げ、するりと素肌を撫でられる
突然の直接の刺激に、僕の体は大袈裟なくらい跳ね上がり
ヒョンは、気持ちいいと呟きながら撫でる手を止めることは無い

戸惑いと恥ずかしさ、それ以上に、ヒョンに触れられている事実に昂揚する

気持ちいい
僕も・・・ヒョンの手に触れられて気持ちいい

じわりと涙が滲んだ瞳で見上げると、瞳の奥に熱を孕んだヒョンと視線がぶつかる



このまま見つめ合って・・・
熱い口づけを交わしたなら・・・どれだけ幸せなことだろう



-----ぷるぷるぷるっ


自分勝手すぎる想像を打ち消すように首を振り、
そっと目を逸らす

このまま見つめ合っていたら・・・
もっと、と自分から手を伸ばしてしまうか・・・
火照りすぎて気を失うかのどちらかだ



「ごめんな、つい・・・気持ち良くて」


目を逸らした先に回り込むように、再びじっと見つめられ
少し照れたようなヒョンの熱い視線に捕らわれてしまう


「泣くなよ、いきなり触って悪かった」


-----ぷるぷるぷるっ


さっきと同じように必死に首を振る僕に、ヒョンが肩を揺らして笑う

その優しい笑みに、僕の心臓がきゅっと高鳴る


好きだと意識した途端、この有り様・・・


これからも、今までと同じようにヒョンとの生活が続いて行くというのに・・・
僕は、どうすればいいんだろう?

今まで、どんなふうにヒョンに接していたかも分からなくなってしまった



「寝ろ、寝たら治るから」

「・・・ふふっ、はい・・・おやすみなさい、ヒョン」

「おやすみ、チャンミナ」



すっかり病人扱いの僕は、首元まですっぽりとお布団に覆われ、
お布団の中で、僕の手はヒョンの手としっかり繋がれている

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログランキングに参加しています
いつもポチっとありがとうございます
スポンサーサイト

| TIMELESS | 22:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こっこ様❤️

熱を測るのは体温計 
ヒョンは知ってる。。。_〆(゚▽゚*)メモ(笑)

ミンの赤い顔にビックリ慌てながらも
撫で撫で(〃艸〃)するヒョン
ミンのお熱は更にUP❗
ほのぼの~☺️

二人のベッドの真ん中に
割り込み? 飛び込み? 
お邪魔大作戦はミンに弾かれ
ヒョンにポイされて失敗に終わったleon
めげずにヒョッコリ大作戦を練りながら
お話しの続きを楽しみにしています
o(*≧∀≦)ノ💓♥️❤️


| leon | 2019/07/10 08:08 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/07/13 00:00 | |

leonさん♥

コメントありがとうございます(^^)

良かった☆
体温計の存在を知っていたようです(≧▽≦)
どこにあるかは知らないみたいだけど・・・
ミンがしっかり管理しているから大丈夫♪

おでこごっつんで測れますから♥♥♥
ついでに、ちゅーすればお口の中が普段より熱いとか・・・分かるんじゃない?(´艸`)

leonさん・・・
二人のベッドに割り込むなんて危険すぎよっ!
命がいくつあっても足りません(笑)

| こっこ | 2019/07/16 20:12 | URL |

鈴*さん♥

コメントありがとうございます(^^)

あらら・・・
ドジっ子天使ちゃんが落ちてきました?
背中にしらたまちゃんを背負って?(笑)

エロハムしらたまちゃんの性教育♥
全チャミ族が受講すべきだと思いますwww

| こっこ | 2019/07/16 20:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/2005-18720362

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT