FC2ブログ

東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

短冊に願うこと

七夕特別編です^^
彦星と織姫に負けないくらい仲良し夫婦です

いつも温かい拍手をありがとうございます








-----もういっかいママのおっぱいがのみたいです


リビングに飾った笹の葉に揺れる短冊
子供の可愛い字で書かれた願い事は微笑ましく、
すっかりお兄ちゃんらしく成長した長男が、まだ僕に甘えたいと思ってくれる事が嬉しい

七夕、といっても特別何かをするわけではないけれど
笹の葉を飾り、ささやかながらも行事を楽しんでいる

結婚に憧れていた頃から、一年の行事を家族揃って過ごしたいと思っていたから
憧れが現実となった今、僕はとても幸せだ



-----ママのおっぱいが飲めるのはパパだけだ


けれど、息子が書いた願い事の横にくくりつけられた短冊には、
大人の綺麗な文字で返事が書いてある

誰の仕業かなんて詮索する必要もない

幼い息子に本気で対抗するのは、父親であるユンホさんしかいない


そもそも、長男が再び僕のおっぱいを求め始めたのは、
お友達のお家に産まれた赤ちゃんが、おっぱいを飲んでいるのを見たからだ

息子が僕に胸に執着するのは、遺伝ではないかと思っている
だって・・・ユンホさんにそっくりだ



膝に乗って甘えてきた長男の頭を撫で、そっと浴衣をはだける
息子の願い事を叶えてあげるために・・・


「うーん、じょうずにすえないから、ママのおっぱいなにもでないの?」

「おっぱいは赤ちゃんのためのご飯だからね」

「わかったー、ぼくはママがつくったごはんたべるっ」


ぺろぺろ可愛い舌が僕のお胸を舐めて、でも何も出ない事に首を傾げる
おっぱいは赤ちゃんしか飲めないんだよ、と説明するとしぶしぶ納得してくれたようだ
願い事が叶って満足しつつ、僕にぎゅっと抱きついて離れない甘えん坊



「ゆかたにあう?ぼく、かっこいい?」

「とっても似合ってるよ、格好いいね」

「ママもびじんさんだよ、ママがいちばんきれい」

「ふふっ、ありがとう」


長男は浴衣、次男は甚平
そして、僕も浴衣を整えて七夕の雰囲気を楽しむ

窓の外を覗くと、きらきら星が輝いている
よかった・・・彦星と織姫は、無事に会えただろう





「チャンミンを口説くなんて、10年早いぞ」

「パパーっ、おかえりなさい」


帰宅したユンホさんに飛びつく息子
僕の胸を取り合ったり、口喧嘩したりする二人だけれど
息子はパパが大好きで、ユンホさんも息子達をとても可愛がっている


「浴衣か・・・いいな、脱がす楽しみができた」

ユンホさんは、すれ違いざまに耳元で囁き、お尻を撫でた


僕は、一瞬で頬を真っ赤に染め、同時に期待してしまう
幸い、今日は体調がいい
朝まで・・・は無理だろうけれど、2回くらいは応えられそうだ





「まさかとは思うけど、あの願い事、叶えてないだろうな?」

「ま、まさか・・・っ、も、もう・・・お兄ちゃんになったんですし、僕の胸なんて・・・」


息子達が眠ると、ユンホさんは待っていたとばかりに僕をベッドに押し倒し、
手を出す・・・前に、事実確認

こうなると予想していた僕は、考えていた台詞を口にするけれど
肝心な所で噛んでしまった
同様を隠し切れなかったのだ


「・・・はぁ・・・っ、まったく・・・お前は甘いんだよ、
 どうせ吸わせたんだろう?」

「うぅ・・・っ、すみません、・・・でも、当たり前ですけど何も出ないですよ?」

「そういう問題じゃないって前も言ったよな?
 他の男に胸を吸われた事実をもっと重く受け止めろ」

「なっ、・・・相手はまだ小さい息子ですよ?そんな言い方しなくても・・・っ」

「取られたら取り返すまでだ」

「やぁ・・・っ、・・・・んっ、・・・」



七夕の夜
一年に一度の浅瀬を楽しむ織姫と彦星

離れ離れだった日々を埋めるように、寄り添い求め合い・・・
甘くロマンティックな夜を過ごしているだろう

それに比べ僕達夫婦は・・・
胸を取られただの、取り返すだの・・・なんて低レベルな言い合いをしているのか



けれど・・・

新婚時代、家に帰らない旦那様を泣きながら待っていた日々を思うと、
今がどれだけ幸せか・・・

愛する旦那様と、一年に一度会えるか、会えないか・・・
そこまでは言い過ぎだけれど・・・
あの悲しみの日々を救ってくれた息子には感謝している

すれ違ってばかりいたユンホさんと僕を、長男が繋いでくれたのだ
そんな可愛い息子達を甘やかすのは仕方ない事・・・
少しくらい、我儘を聞いてあげてもいいじゃないか


「・・・はぁ・・・んっ、・・・吸わないで・・・・っ、
 何も出ませんから・・・・っ」

「胸は出ないけど、こっちは溢れてるぞ?
 ちゃんと出せるじゃないか、しかも、これは俺にしかできないことだな」


ユンホさんは胸を弄りながら、下腹部に唇を寄せ・・・
どんどん下へ・・・


すると、あっという間に白濁が飛び散る

期待していた行為とはいえ、こうも呆気なく放ってしまうとは・・・



----子供達が健やかに成長しますように


僕が書いた短冊の願い事


そして、もう一つ・・・こっそり願ったのは・・・



----旦那様にたくさん愛されますように

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログランキングに参加しています
いつもポチっとありがとうございます
スポンサーサイト

| ...XOXO~Hugs and kisses.(特別編) | 22:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/07/08 00:42 | |

こっこ様❤️

長男の願い事🎋に真面目に?
向きになってお返事❗
ママを誉める=口説く❗
俺のチャンミンに手を出すな❗
勿論 愛する前の確認も忘れません
取り返して再度マーキング❤️
そんな独占欲の塊な
ユンホさんが大好きですo(*≧∇≦)ノ

チャンミンの短冊へのお返事は・・・
『今夜は体調が良さそうだな
 願い事 叶えような💖』
ユンホさんもユンポ君もやる気満々(〃艸〃)

いつもお返事ありがとうございます☺️
『一年に一度⁉️  俺、無理。。。 』
“チャンミン織姫と
 ずーっと一緒に過ごせますように”
            byユンホ彦星
そんな短冊🔖を探しながら
“TIMELESS”の続きも楽しみにしています
(*>∇<)ノ💓♥️❤️

| leon | 2019/07/09 08:23 | URL | ≫ EDIT

く*みさん♥

コメントありがとうございます(^^)

xoxoシリーズ♪
浮気夫(笑)が、嫁溺愛へ変貌する様が私も大好きです♥

ユンホさん、最低夫だったけどw
今では嫁一筋(〃▽〃)
ミンを溺愛してます^^

ユンホさんVS長男君 
ミン争奪戦はまだまだ続きそうです(≧▽≦)

| こっこ | 2019/07/16 20:02 | URL |

leonさん♥

コメントありがとうございます(^^)

ユンホ彦星(〃▽〃)
イ・ケ・メ・ン

一年に一度でもいいから会いたいっ(≧▽≦)
えぇっ?!!会えるのはミン姫だけ?^^;
残念・・・

乳離れできない甘えん坊の長男君♥
ママ大好きで可愛いわぁ~

そして、もっと大きな子供・・・
旦那様も乳離れできません(笑)
ミン乳が休まる時はありませんねぇ(´艸`)

織姫と彦星のように、一年に一度しか会えないなんて・・・
ホミンちゃんは耐えられませんっ
ユンポ君とミンポ君も我慢できませんから(爆)

| こっこ | 2019/07/16 20:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/2004-c65ec9b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT