FC2ブログ

東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

plunder love 21.

コメントをくださった
B*llieさん♥
Marsaさん♥
leonさん♥
こ**んさん♥
にゃんこさん♥
ありがとうございます♪

plunder love 21. (part.~changmin~)
いつも温かい拍手をありがとうございます









荷物も置かれていない、空っぽの部屋
布団もなく、畳の上で浴衣が擦れる音が響く

それ以外に聞こえる音といえば、体中を舐め回すご主人様から漏れる水音と
僕の唇から漏れる甘い喘ぎ


「このまま挿れてもいいか?」

「・・・・・んっ、・・・・・早く・・・・・っ」


お尻を揉みながら大きく左右に開いて
触れるでも舐めるでもなく、じっと見つめるだけ

ご主人様の息だけがお尻を掠める
それだけでぞくぞくと震え、弄られてもいないのに秘部が開いていく感じ


「膝をついて、後ろを向け」

「・・・・・はい」


言われるままに四つん這いになり、お尻を突き出す
ご主人様の顔が見えないことに不安を覚えるけれど


「・・・・ぅっ、・・・・・ん・・・・痛っ・・・」

「腰を振って欲しがっているではないか」

「あぁん・・・っ、痛い・・・・っ、・・・・・」


痛がりながらも揺れる腰は止まらない

押し込まれる熱に顔を歪めながら、崩れ落ちるように項垂れる

視界の先には、項垂れた頭とは違い力強く反り返った自身の姿
お腹に張り付く程の勢いで、先端からは密が溢れる

感じすぎる自分から目を逸らし、大きく息を吐き出せば一気に押し込まれる熱い塊


「はぁ・・・っ、はぁ・・・・んっ、」


「チャンミン、もっと声を聞かせろ」


夢中で腰を振ってご主人様を呑み込み
溢れる密を拭うように自身に手を伸ばす

ご主人様は激しく腰を打ち付け、僕の胸元を弄る
明りのない暗闇の中、折り重なるように密着し愛を囁き合う


「続きは部屋に戻ってからだ」


僕の記憶の限り、三度目の射精
腰を振る力も残っていない身体を一方的に揺さぶられて

ようやく解放されると思えば、軽々と抱き上げられる


・・・・・続き?
まだ終わらないの?

確かに、誘ったのは自分
けれど、ここまで激しく求められるとは思わなかった

横抱きにされ、ぱさりと浴衣をかけられただけで、その下は全裸
ご主人様が歩を進める振動で肌蹴る浴衣を何度も直しながら



「・・・・・・・ユンホ様、・・・・・明日は僕のお部屋に来てくださいね?」

「・・・・・っ」

どこから付けてきたのか
テミン様が僕達の前に姿を現す

嫉妬に狂うでもなく、淡々とした口調で約束を取り付ける
伸ばされた手が、浴衣を捲り


「わぁ、・・・・真っ赤・・・・・・
 チャンミン様、今度は僕が肌のお手入れの仕方、教えてあげますね」


くすりと微笑んで、赤い鬱血の痕を撫でる

ご主人様と二人でいるときは甘い空気に酔いしれるけれど
僕は、この美しい妾とご主人様を奪い合っていることを思い出す


「悪いがチャンミンは俺のものだ、勝手に触るな」

ご主人様の声に、素直に手を引っ込めるテミン様は
去り際にそっと耳打ち


-------チャンミン様、もう少し声を抑えたら?


とか

聞かれていたのか
見られていたのか

テミン様はご主人様を僕と共有していくつもりなのだろうか?

けれど、僕は妾ではない
だって・・・・・


「悪いがテミン、俺は明日もチャンミンの所に行く、・・・・
 俺はこの男を愛しているんだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもポチっとありがとうございます
スポンサーサイト



| plunder love | 22:11 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/03/17 00:37 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/03/17 00:38 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/03/17 10:39 | |

(〃▽〃)お熱いお二人(〃▽〃)
お肌の印も痛さも、オチリの痛さも愛の証ですね。愛があふれ出て。。。そりゃ~~声も前も後ろも大きくなりますよね~~♥声もナニも出しても出してもあふれ出ますよ~~(*´ω`*)

ご主人様。。。テミン様の前で愛を宣言されて~~♪続きも熱く~~熱く~~なりそうですね。

今日もお話しありがとうございますm(__)m
お返事もありがとうございますm(__)m

| Marsa | 2016/03/17 21:41 | URL | ≫ EDIT

やっぱコメっちゃお

ユンホ様〜愛される側だから別れ下手〜!テミちゃんの愛を注ぐ先を上手ぁ〜く変えてあげてよぅ。Dr.チャンミンは駅弁スタイルで移動すれば良かったのにい〜❤︎。

| ジェイソン | 2016/03/19 00:13 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/03/19 04:37 | |

やっとご主人様に愛されたのですね!
愛がある行為は、どんなに良いものか(´v`)
大きい声が出るのも、仕方ないですよ〜。

しかも、テミンに声を聞かれていたなんて!ご主人様以外には聞かせてはいけない、あの声。
今度から部屋を、防音にしなければいけませんね!

あ〜私もその声、生で聞きたぁ〜い。
何でしたら、部屋の隅でじっくり二人の行為を見るのも良しかも( ̄ー ̄)ニヤリ

| ミルキー | 2016/03/19 12:50 | URL |

y*kiyukiさん♥

コメントありがとうございます(^^)

ドМチャンミンですから・・・
多少、テミンちゃんに意地悪されても平気です(笑)
バックにはユノさんが付いてますしね^^
安心安心♪

テミンちゃんも幸せになれるといいなぁ☆
ギュ氏と違って、こっこさんはテミンちゃん大好きなので♥
幸せにしてあげたいわ^^

Dr.ミンの嫁入りも近そうですね♥
ご主人様が離さないですもん♥

| こっこ | 2016/03/19 20:28 | URL |

B*llieさん♥

コメントありがとうございます(^^)

声が大きいDr.ミン(笑)

地声がでかいのか、それともご主人様が出させているのか・・・
う~ん
きっと地声がでかいのでしょう(爆)

リア充ですねぇ
テミンちゃんが監視してますけど、完全に二人の世界ですもんね^^
幸せそうです♥
結婚式はいつかしら?(〃▽〃)

| こっこ | 2016/03/19 22:20 | URL |

k*ikoさん♥

コメントありがとうございます(^^)

あら~♥
お声が漏れていたなんて恥ずかしいわ///
そんなに大きな声だったのね(〃▽〃)

きっとテミンちゃんだけじゃなくて、花園からも出張探偵が派遣されているはず(笑)
録音録画バッチリでしょうか?^^

DVD作ったらかなり売れると思うんですけど(爆)
花園の活動資金にしましょう♥

| こっこ | 2016/03/19 22:24 | URL |

Marsaさん♥

コメントありがとうございます(^^)

いや~♥
おチリからも愛が溢れますよねぇ///(ユンホ液♥)
ご主人様は生派かしら?(〃▽〃)

中出し外出し自由自在?(爆)

てか、ご主人様・・・
愛に目覚めたからといって、ライバル目の前で交際宣言とか・・・・
いくらなんでもストレートすぎやしませんか^^;
天然モテ男は大胆ですねw

| こっこ | 2016/03/19 22:28 | URL |

ジェイソンさん♥

コメントありがとうございます(^^)

えええええええ駅弁スタイルぅぅぅぅぅぅぅ~(〃▽〃)

そのままお屋敷を歩くの?(照照)
こっこさん、どこまでも付いていきますっ!(笑)
花園大行列ですねwww

そうそう
誰かご主人様を対象に上手な別れ方講座を開催してください^^;

| こっこ | 2016/03/19 22:31 | URL |

はう~(。>д<)

こっこさん お元気かしら?
私は なかなか 忙しく バタバタな毎日で お話読めなくてやさぐれてました!Σ(×_×;)!
やっと 読めたわ~(*≧∀≦*)
嬉しい~\(^o^)/
ってか やっちゃってるよ(///ω///)♪
もう 表現が エロ過ぎて 相変わらず 下半身に ズクンてきちゃいますよね(#^.^#)
ユンホ様 お部屋までも 我慢できないの(〃ω〃) チャミさんも おねだり上手になりましたね( ☆∀☆)

わぁお!でたっ(*_*)テミンちゃん♪
そして ユンホ様の 告白(〃∇〃)
どうなるの?どうするの?楽しみだわぁ~\(^_^)/

| にゃんこ | 2016/03/20 20:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/1087-8fb91b28

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT