FC2ブログ
発毛剤 成長因子

東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Tiger&Bambi 11.

コメントをくださった
ゆうゆうみんさん♥
leonさん♥
c*co.hanaさん♥
ありがとうございます♪

Tiger&Bambi 11. (part.~changmin~)
いつも温かい拍手をありがとうございます








「・・・・此処は・・・」

「俺の部屋だ」


日が陰り始め、ユンホ様と手を繋いでお城へ戻ると
出会った日に初めて通された部屋へ再び足を踏み入れた

豪華すぎる部屋だと思っていたけれど・・・
ユンホ様のお部屋だったのならば納得だ


「少し待っていてくれ、・・・頭と身体を冷やしてくる」


「・・・・きゃ・・・・っ、・・・なっ・・・」


「何だ?お前も一緒に入るか?」


ユンホ様は、部屋に入ると服を脱ぎ始める
僕に向かって放り投げられた服を、次々受け取っていると、ついには上半身裸の姿に・・・


「・・・いいえっ、僕はいいですっ」


一緒にお風呂なんて入れるわけないじゃないかっ

目のやり場に困り、ユンホ様の服で顔を隠しながら・・・・
指の間からこっそり覗き見る


------わぁ・・・・格好いい

腕の筋肉・・・割れた腹筋・・・
ごつごつしているわけではなく・・・しなやかな体つきは、細身なのに逞しくて
あの腕に、僕は何度抱きしめられた?

-----くん、くん・・・

腕の中のユンホ様の服に鼻を寄せ、息を吸い込むと・・・
僕の体の中が、ユンホ様の香りで一杯になる

あぁ・・・・幸せ

にっこり微笑んで、すりすりと頬を摺り寄せていると


「・・・・きゃ・・・・っ、・・・・ぁ・・・・っ」

「お前は、どうして俺を煽る事ばかりするんだ?」


浴室に向かっていたはずのユンホ様が、いつの間にか僕の目の前に・・・
そして、そのまま壁に押し付けられて・・・



「このまま襲われても文句は言えないぞ?」

「・・・・んっ、・・・・はぁ・・・・っ」


ユンホ様は、僕の背を壁に押さえ付けたまま唇を塞ぐ
ぐっと腰を引き寄せられ・・・逞しい胸板に抱き込まれる

唇をぺろりと舐められ・・・誘われように唇を開くと
ユンホ様の舌と僕のそれが・・・・



「チャンミン様、お飲み物をお持ち・・・・・」

------ひゃ・・・・っ


「・・・・・っ、だ、大丈夫?」


あともう少し・・・・もう少しで、お互いの舌が絡み合う
その寸前で、仔虎が飲み物を運んできてくれた

突然の事に驚いた僕よりも、仔虎の方が更に驚いたみたいで
飛び上がり、手に持っていた野菜ジュースがトレーに零れてしまった
小さな仔虎の手も、少し濡れてしまっている


「申し訳ありません・・・、
 カイさんに、何を見ても驚くなと言われていたのに・・・僕・・・粗相をしてしまいました」


上半身裸のユンホ様と僕がキス・・・している所を仔虎に見られてしまった
でも・・・っ、
いいのか悪いのか・・・舌を絡める前だったから・・・
深い口付けを交わしていたわけではないのだけれど



「・・・・気にするな、お前が悪いわけではない、
 こうなると分かっていながら、お前を此処に寄越したカイが悪い」


「美味しそうだね?・・・頂いてもいいかな?」

「はい・・・どうぞ」

「ありがとう」


にっこり微笑むと、しゅん・・・と項垂れていた仔虎にもようやく笑顔が戻る


「チャンミン、悪いが待っていてくれ・・・・
 ほら、お前も来い、俺が綺麗に洗ってやる」


ユンホ様は、仔虎を抱き上げると今度こそ浴室へ・・・・


「・・・・っ、・・・ん・・・・っ」


向かったと思ったら、また・・・引き返して来て
そっと僕に口付ける

ユンホ様に抱っこされた仔虎は、両手で顔を隠し真っ赤になっている
僕も負けないくらい頬を真っ赤に染め、二人を見送って・・・


なに、なに・・・?
ユンホ様のあの色気・・・

後姿だけでも見惚れるくらい格好いいとか・・・

そして、ユンホ様に抱っこされた仔虎が羨ましいと思ってしまう
僕も・・・あんなふうに、毎日ユンホ様に甘え
お傍に仕えさせてもらえたら、どんなに幸せだろう

ユンホ様は、きっと・・・このお城に、僕の居場所を作ってくれようとしているのだろう
でも・・・いいのかな?
何の役にも立たない僕が・・・ユンホ様のお傍にいる資格なんてないよね・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもポチっとありがとうございます

スポンサーサイト

| Tiger&Bambi | 21:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018/12/05 22:16 | |

こっこ様♥️

資格・・・⁉️
可愛いチャンミンて事でオッケー❗
虎ンポ君も『早く~♥️』と待ってます🎵

仔虎ちゃんは
『ユンホ様がチャンミン様を(〃艸〃)』
びっくりしちゃった(((((((・・;)
カイ君? 仔虎ちゃんで遊んではいけません❗
なので 三つ子を仔虎ちゃんの代わりに💕
ちょっとやそっとじゃ驚きません🎵
あっ❗ その前にユンホ様に
抱っこして洗って欲しいleonです(*´艸`)💓
きゃーユンホ様 ダサミン連れてっちゃ駄目です❗
ユンホ先生に三つ子達がお仕置きを💢
あれっ?お仕置き??嬉しいかも⁉️←暴走💦💦

いつもお返事ありがとうございますo(^o^)o
ダサハム💕いる❗いる❗
ほら🎵ほら🎵ダサミンの髪の毛に埋まってる(笑)
ダサミンちゃんを髪の毛から救出しながら
お話しの続きを楽しみにしてます(*>∇<)ノ♥️

| leon | 2018/12/06 20:34 | URL | ≫ EDIT

c*co.hanaさん♥

コメントありがとうございます(^^)

カイ君&仔虎ちゃんコンビ♪

虎ユノとバンビミンを応援しているのか、邪魔しているのか(笑)
いや、いいコンビなんですけどね^^;

無自覚に煽るミンと、いい所で邪魔する外野に振り回され・・・
虎ユノの苦悩は続きそうですね(≧▽≦)

そうですともっ!
ミンには大事なお役目がありますっ
可愛いお嫁さんにならなくちゃ♥

| こっこ | 2018/12/07 23:14 | URL |

leonさん♥

コメントありがとうございます(^^)

うぅ~ん♥
虎ンポ君、とってもヤンチャなニオイがします(≧▽≦)
早くご対面したいっ♥

カイくんってば(笑)
純粋な子供を使って、虎ユノとバンビミンの邪魔をするなんて・・・♥
いい仕事するじゃないですか(〃▽〃)

あぁ・・・なんだか真面目カイくんにダサミンの存在を知られたら
地下牢に捕らわれそうで怖い(>_<)

あ!
そこでダサハムの登場か☆
ダサハムがカギ穴をガジガジして壊すのね?

| こっこ | 2018/12/07 23:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/1819-17c32007

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT