東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

僕のSuperstar

いつもご訪問ありがとうございます
札幌へ飛んだダサミン君の初ライブ参戦「 Begin Again」
今夜は、ライブ後のお話になります
もうしばらく「My Angel」パロディにお付き合いください

ちなみに余談ですが^^;
私の一番好きな東方神起の曲は「サクラミチ」です
そして、ライブでは「Superstar」が一番好きです
(シングル発売された時は、え・・・コレ大丈夫?と思ったことは内緒ですw)
皆様の一番はどの曲ですか?^^

いつも温かい拍手をありがとうございます







「・・・・・・・あぁ・・・っ、・・・・ぁ・・・・」


ユンホさんが僕に向けて投げてくれた(・・・と思いたい)サインボール
今まで、身長が高くて得したことなんてなかったけれど
今日は、高身長に産んでくれた両親に感謝したい気分だ

でも・・・・


「・・・・えっと、・・・どうぞ?」


飛んできたサインボールに向かって、思い切り手を伸ばす
すると、そのボールは僕の指先をかすめ・・・・
ころころと足元に転がってしまった

すると、前の席のお姉さんが僕よりも先にボールを手にしてしまったのだ

それは僕のボールだ、なんて言えるはずもなく
僕は、へらっと笑って紳士ぶって・・・貴重なサインボールを泣く泣くお姉さんに譲ったのだ


「残念だったな」

「・・・・はい、・・・そういえば僕・・・キャッチボールも下手だったんです・・・
 こんな時まで、運動神経の悪さが仇になるなんて・・・」


がっくりと項垂れる僕を、ユンホ先生が優しい口調で宥めてくれる
ぽんぽんと髪を撫で、背中を摩ってくれて
あぁ・・・なんて優しい恋人なのだろう

隣に立つユンホ先生は、きらきらと輝いている
それは、会場内の照明のせいではない
僕のユンホ先生は、ステージ上のユンホさんに負けないくらい、いい男だ





「楽しかったか?」

「はいっ、二人とも本当に格好良くて・・・歌も上手で・・・
 ますます好きになっちゃいました」


楽しい時間はあっという間に終わり、ホテルに戻ってほっと一息

リュックを開けると、次から次と荷物が出てくる
ペンライト、ツアーパンフレット、Tシャツ・・・それからタオルと、ふわもこルームソックス
くるくると丸まった銀テープ

あぁ・・・本当に楽しかった
目を閉じれば、ユンホさんの激しいダンスと色っぽい笑顔
思い出すだけで赤くなってしまう


「チャンミン、・・・目の前にこんないい男がいるのに浮気するのか?」

「・・・・・・え?」

「酷いな、俺はずっとチャンミン一筋なんだけどな」

「・・・・ユンホ先生?」


ツアーパンフを手に取って、目を輝かせる僕
ユンホ先生は、どうやらそんな僕に嫉妬してくれたみたい


「・・・・ゃ、でも・・・僕・・・・ユンホ先生が一番ですよ?」

「ほんとか?俺、今日から二番になったんじゃない?」

「そんなことありませんっ、
 ユンホ先生は誰よりも格好いいし、優しいし・・・・大好きですっ」

「じゃ、これ履いて?」

「・・・・・え」

「服は脱ごうな?手伝ってやるから」

「ちょ・・・っ、え・・・?
 これはグッズだし、僕の足には小さいかも・・・」

「あぁ、ほんとだな・・・ちょっと小さいけど、でも・・・
 お前なら何でも可愛いよ」


そう言って、三足買ったうちの一つを僕に履かせて喜んでいる
可愛い可愛いと・・・一体、僕のどこが可愛いと言うのか

かろうじて下着だけは脱がされずにすんだけれど・・・
下着姿にふわもこソックス
こんな僕を見て喜ぶのは、この世でユンホ先生だけだ


「・・・・もういいでしょう?服を着させてください」


下着と靴下だけでベッドに転がるなんて・・・
これは、浮かれすぎた僕への罰だろうか?


「・・・・・なっ、・・・・にするんですか?」

「セックス」

「・・・・・・は?」

「こんなに可愛い子がベッドに転がってるのに・・・
 俺が放っておくわけないだろう?」

「可愛いって・・・・どこが・・・」


ライブ中にはしゃいだせいで、髪はよけいぼさぼさだし・・・
そう・・・っ、汗・・・すごく汗をかいたんだ


「・・・ゃぁ・・・っ、ユンホ先生・・・くんくんしないでくださいっ」

「おいこら、暴れんな」

「・・・なっ、それが教師の使う言葉ですか・・・っ」


「それを言うならさ・・・教え子にこんな格好させて襲ってるのがバレたら・・・
 俺、確実に教員免許剥奪されるな・・・ははっ」


髪を掻き上げながら爽やかな笑みを浮かべ
嫌がる僕の脇や、首筋に鼻と口を寄せて、くんくん匂いを嗅いで舐めるとか・・・

これが、学園で一番人気を誇る体育教師のすることなのか

しかも、こんなダサい僕の身体を弄んで興奮しているなんて・・・
ユンホ先生の名誉のためにも、誰にも知られてはいけない


「んー?窮屈そうになってきたな・・・今、楽にしてやるから」

「・・・違っ、・・・靴下・・・先に靴下を脱がせてください・・・っ」

「可愛いから大丈夫だ」


それから僕は、産まれたままの姿・・・・に、靴下を履いたまま
ユンホ先生が満足するまで、身体を好きなように弄られ続けたのだ



「・・・あぁ・・・っ、ユンホ先生・・・」

「うん、可愛い可愛い」


ホテルの部屋で存分に愛された僕は
ライブの興奮も、ユンホさんへの憧れもすっかり何処かへ行ってしまって・・・
目の前の恋人に夢中になる

いつだって僕を虜にして・・・こんな僕を一番に愛してくれるユンホ先生
彼こそが、僕の・・・
僕だけのスーパースターだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもポチっとありがとうございます

スポンサーサイト

| 小説 | 21:46 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/11/13 22:55 | |

…チッ

ダサみんっ、サインボール…取り返してあげるわ‼︎
(…コソコソきゅっきゅっyunho、❤︎…っと)
はい、どうぞ‼︎

| 鈴子 | 2017/11/14 01:30 | URL |

こっこ様♥️

ちょっぴり拗ねてみせるユンホ先生♥️
と思ったのも束の間🎵
へっへっ変態度パワーアップ❗O(≧∇≦)O
嫉妬は変態を増幅させる_〆(゚▽゚*)

逢いたくて仕方なかった二人のLIVEに
札幌迄来たけど
ユンホ先生がNo.1💕を再確認した夜🎵
ダサミンらしくてほのぼの💞


leonの好きな曲❓とはちょっと違うかもだけど
WITHの Answer~DIRT が好き💕
で、やっぱり『White💕』の二人が好き♥️
脱線leon。。(〃_ _)σ∥ハンセイ

お話しの続き楽しみにしてますヽ(*´▽)ノ💓

| leon | 2017/11/14 08:25 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/11/14 16:46 | |

c*co.hanaさん♥

コメントありがとうございます(^^)

ダサミンのためのグッズだわw
ふわもこソックス(爆)
モコモコ好きにはたまらないグッズですね^^

そして、更に変態度が増したユンホ先生www
ダサミンが可愛くて可愛くて仕方ない変態教師(爆爆)

ダサくてもドジでも、宇宙一可愛いダサミン♥
すんごい愛されてますね///

あぁ♥
私も、One More Thing大好きです(≧▽≦)

| こっこ | 2017/11/17 19:35 | URL |

鈴子さん♥

コメントありがとうございます(^^)

わぁ♥
これって、鈴子さんのサインボールね♥(〃▽〃)

ダサミンに渡すなんて勿体ない!!
こっこさんに頂戴( ´艸`)

| こっこ | 2017/11/17 20:19 | URL |

leonさん♥

コメントありがとうございます(^^)

きゃーーーーっ♥
変態教師がいますぅ~♥たーすーけーてーぇ(〃▽〃)

そうよ、ダサミン!
君にはもったいなくらいのスーパースターが傍にいるじゃない///
ダサミンのイケメン好きには困ったもんだわ(笑)

あ・・・チャンミン先生もでした(爆)

「White」好き~~~♪
結局全部好き///

| こっこ | 2017/11/17 20:34 | URL |

y*kiyukiさん♥

コメントありがとうございます(^^)

札幌お疲れ様です~~(〃▽〃)
とっても幸せな時間を過ごされたのですね♥
オープニング曲♪
あはっ^^;
こっこさん、まだちゃんと聞いたことないです・・・えへっ

ますますユノとチャンミンが好きになってなんて♥
素敵な言葉ですね♥♥♥

| こっこ | 2017/11/17 20:42 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/11/18 22:09 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/1446-12dd6f98

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT