東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Mirror 48.

コメントをくださった、あ*さん♥
ありがとうございます♪

Mirror 48. (part.~U-Know~)
いつも温かい拍手をありがとうございます








「・・・美味しい」

「もっと食え、お前は何をしても可愛いな」


焼きたてのパンを口いっぱいに頬張り
にっこり微笑むチャンミンは、そこにいるだけで心が和む

昨夜は無理をさせてしまったが、こうして起き上がって食事が摂れるのだ
腰に痛みがあるものの、寝込むほどではない
きっと、俺達は身体の相性も良いのだろう


「・・・ユンホ様も、いつも素敵です・・・
 あまり見つめられると恥ずかしから・・・見ないでください」

「美しい妻が目の前にいるのに、目を逸らせと?
 それはできないな、お前はこんなに可愛いのだから」

「・・・そんな、褒めすぎです、・・・ユンホ様」


思ったことを素直に口にすれば、恥ずかしそうに俯いてしまう
頬も耳も・・・首筋さえも真っ赤にして恥じらうとか


「では、俺が妻にどれだけ夢中か・・・証明してやろう」

「・・・・・え」


ガタンと音を立てて椅子から立ち上がり
まだ食事中のチャンミンに手を伸ばす

顎に手を添え、赤く色付いた唇に吸い付くと
ゆっくりと目を閉じたチャンミンの、長い睫毛が震えている


「・・・・・んっ、・・・・ユンホ様」

「食事を終えたら、寝室に戻るか?」


いくら抱いても足りない
激しく妻を求める自分は、飢えた獣そのものだろう
その自覚があっても欲を抑えられない

チャンミンが纏う甘い香りは、まるで媚薬のようだとか


「・・・ユンホ様と一緒にいられるなら・・・僕、・・・」


吸い寄せられるように抱き合い、深い口付けを交わす
愛し、愛される喜びを肌で感じ、この幸せな時間がいつまでも続けばと・・・



「失礼いたします、ご機嫌いかがですか?チャンミン様」

「・・・っ、イェソンさん・・・っ」


けれど、甘い空気を壊すのはいつもこの男だ
俺の従者でありながら、なぜ妻との時間を邪魔するのか



「お前は呼んでいない、・・・二人きりにしてくれ」

「そんなに怖い顔をすると、チャンミン様が怯えますよ」


にこにこと頬を緩ませて機嫌のいいイェソン
ようやく可愛がっているチャンミンの顔が見られて満足なのだろう


「チャンミン様、体調がよければ王太子殿下がお会いしたいと仰っていますが・・・」

「・・・え、お義理兄さまが?」


・・・・・・おい
その嬉しそうな反応はなんだ・・・?

これから寝室に戻って、もう一度愛し合おうと話したばかりなのに




「・・・・実は、ユンホ様・・・・
 大臣が面会を申し出ておられて・・・」


チャンミンの支度を嬉々として手伝い、兄の所まで送り届けたイェソン
部屋に戻るなり、大臣との面会を告げられる

婚儀の翌日という事もあり、何度も断ったけれど
このままでは、部屋まで乗り込んで来る勢いだったため
チャンミンを兄の所へ避難させたらしい

・・・・大臣の話など、何を言いたいのか簡単に想像がつく




「側室など必要ない」

「王子殿下の妃が娼館出身の子一人だけだなんて・・・
 国民に示しが付きません」

「俺の妻は、心の綺麗な優しい男だ、
 人となりを知れば、国民も受け入れてくれるだろう」

「しかしっ、私の娘は、幼い頃からユンホ様の婚約者候補だったではないですか」

「だが、婚約したわけではない」


このクソ親父・・・っ
そこまでして自分の娘を王子の妃にしたいのか


「俺は、チャンミン以外選ばない、
 国王と兄にも話は通してある・・・俺は、国を出てもいいと思っている」

「・・・・なっ、あんな身分も何も持たない妃など・・・」

「それ以上口にすれば、命はないと思え、
 お前と娘がこの国を出る事になるぞ」



悔しそうに拳を握る大臣を置き去りにし、兄の元へ向かう
もちろん、愛しい妻を返してもらうためだ

兄の部屋へ向かいながら・・・
やはり、チャンミンのためには、この国を出た方がいいのか
チャンミンを守り、幸せにする事だけを考える

けれど、二人が離れない事
寄り添い合い、傍にいる事は、誰であっても邪魔はさせない


まだ、チャンミンにも話していないのだが・・・
俺には、兄を支えること以外にも夢があり、それをチャンミンと叶えたいのだ


それは、個人的に寄付をしている孤児院の傍に学び舎を造り
子供達に、勉強と剣術を学ぶ場を与えること・・・
それを、チャンミンと二人で叶えたいのだ

きっと、チャンミンなら・・・
俺の支えになってくれるだろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもポチっとありがとうございます

スポンサーサイト

| Mirror | 22:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/11/03 22:08 | |

c*co.hanaさん♥

コメントありがとうございます(^^)

出たっ!
腹黒大臣(爆)

きっとね、チャンミンの美しさを目の当りにしたら・・・
戦意喪失しますって^^;
チャンミン、美人さんだし健気でいい子だし(〃▽〃)
絶倫ユンポ君のお相手もしっかりできますから!

んふっ♥
誰にも邪魔できないのよ♥
それに、ミン以外ユンポ君反応しないし( ´艸`)

| こっこ | 2017/11/06 23:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/1439-068411a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT