東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Mirror 46.

コメントをくださった、leonさん♥
拍手コメをくださった、h*sekaumiさん♥
ありがとうございます♪

Mirror 46. (part.~U-Know~)
いつも温かい拍手をありがとうございます








「・・・・ユンホ様?」


-----落ち着け、俺・・・
今夜は初夜なのだ

目の前で、ぐったりと手足を投げ出す花嫁を見てみろ
俺とは違う、華奢な身体と細い腰
尻だって、あんなに小さいのだ

身体は欲している
心の底から深く愛している男だ
一度抱いたくらいでは全然足りない

けれど、俺の理性は止めろと訴える

獣でもあるまいし、初夜から抱き潰すなど・・・・



「・・・・・ぁ・・・っ、また・・・大きくなって・・・?」

「きついだろう?身体も、ここも」

「・・・・・ひゃ・・・っ」


いまだ俺を呑み込んだままの、小さな丸い尻を撫でれば
赤い唇から可愛い悲鳴が漏れる


「ユンホ様・・・あの、・・・僕の中・・・・その、・・・好かったですか・・・?」


-----ずんっ

チャンミンの声と恥じらう姿に、下半身が反応する
素直すぎる分身に、今夜ばかりは苛立ってしまう

自分の欲深さを初めて知った
箍が外れるとは、こういうことを言うのだろう


「すごく好かった・・・・夢中になって、ますますお前に溺れそうだ」

「・・・・・んっ、・・・ユンホ様・・・好きです」

「俺も愛している」

「・・・・・・ぁ・・・っ」

「そんな顔をするな、お前の身体を思えば、無理をさせたくない」


名残惜しいけれど、ゆっくりとチャンミンの中から自身を引き抜いて
腕や腰、胸元・・・
全身で俺を受け止めてくれたチャンミンに口付けを落とす




------ユンホ様・・・・ずっと僕の中にいてください


そう言っていた唇は、今は薄く開いて小さな寝息を立てている
身体に負担をかけ、よほど疲れたのだろう
いつまでも愛を囁き続ける俺に頬を染めながら、いつの間にか寝入ってしまったようだ

いつ見ても可愛らしい寝顔だ




「・・・・これは、どうするべきか」


眠りが浅いのは、習慣のようなものだから仕方ない
それでも傍にチャンミンがいれば、すっきりと目覚められる
無事に初夜を終えた事もあり、清々しい朝だ

けれど、こうも堂々と愛する妻に下半身を握られていると
爽やかな朝には似つかわしくない、疚しい気持ちが湧き上がってくる


「・・・・ん・・・・っ、・・・ぇ・・・あ・・・」

「この手は何だ?眠りながら誘ってくれたのか?」

「・・・え、あの・・・・僕が?」

「一晩中、握っていたのだろう?そんなに欲しいのか?」


チャンミンの手は、眠っている間に無意識に伸ばされ
熱が冷めないまま昂った俺を、ずっと握っていたのだ
既に臨戦態勢なのは、朝という時間帯だけの問題ではない


「違います、僕・・・・そんなつもりじゃなくて・・・・
 ぁ・・・でも、・・・欲しくないとかでもなくて・・・」


「すぐ終わらせる、・・・付き合ってくれるか?チャンミン」

「・・・・はい、・・・もちろんです」


昨夜、理性を働かせ、一度だけ抱いて解放した身体
結局は、朝から盛ることになるとか・・・
愛する妻の身体を、少しも離したくないのが本音だ


「・・・・んっ、・・・・ぁ・・・・待っ・・・」


溢れた密で小さな蕾を潤わせ、反り返る昂ぶりを押し付ける
一度味わってしまったチャンミンの身体
少しでも長く味わいたくて、早急に身体を繋げる

離したくない
離れたくない
このままいつまでも愛し合いたい

激しく腰を振り、何度も最奥を突き
揺れるチャンミンの身体に、ますます煽られて


「・・・ユンホ様、・・・ユンホ様・・・っ」


苦痛の表情を浮かべた昨夜とは違い
うっとりと気持ち良さそうに微笑を浮かべるチャンミン

この穏やかな笑みを、俺が守ってやる
幸せにすると、改めて誓い
窓から差し込む光が寝台を照らし始めると同時に、ようやく初夜の終わりを迎える
とても幸せな朝だ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもポチっとありがとうございます

スポンサーサイト

| Mirror | 21:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/10/29 00:41 | |

こっこ様💛

『落ち着け俺!!』
新妻チャンミンを気づかい
心ゆくまで・・・は我慢したユンホ様
すっきり目覚めてみれば
ユンポ君を握りしめスヤスヤ眠る愛しいチャンミン(笑)
朝から盛っても仕方のないこと 爆爆
扉の前にイェソンさんがいないことを祈ってます( *´艸`)

いつもお返事ありがとうございます(*^▽^*)
。。。『すぐに・・・』が気になりながら
お話の続きを楽しみにしていますヽ(^o^)丿

| leon | 2017/10/29 08:58 | URL |

一晩中握って〜爆‼︎

娼館へ通ってた頃…かなり我慢をしていたとみえるwww。この際、何日連続出来るか挑戦してぇ〜‼︎ その持続力、何を喰らったら(о´∀`о)。やっぱジビエだな✨。

| 鈴子 | 2017/10/29 16:32 | URL |

c*co.hanaさん♥

コメントありがとうございます(^^)

ゃだもぅ~( ´艸`)
チャンミンってば、大胆なんだから~♥
そりゃ、ちょうどいいトコロに大きなモノがあれば握っちゃいますよぉ///

ユンホ様は一晩中つらかったことでしょう(笑)
ごめんね、天然無自覚な嫁で^^;
でも、悶々とさせた分、しっかり責任取らせますから(爆)

| こっこ | 2017/10/31 21:26 | URL |

leonさん♥

コメントありがとうございます(^^)

あはっ♥
ユンポ君を必死に宥め、言い聞かせるユンホ様///
ムスコ君は、相当やんちゃで暴れん坊のようですね( ´艸`)

でも、悪いのは無自覚に煽る新妻です
しっかりお仕置きしましょ♥
無知で健気な嫁は、一生懸命尽くしますから(笑)

さぁ!花園恒例の疑惑調査開始です☆
ユンホ様は、ユンホ君を上回る早漏か
それとも、ユンホ先生以上の絶倫か
多数決で決定します(爆爆)

| こっこ | 2017/10/31 21:34 | URL |

鈴子さん♥

コメントありがとうございます(^^)

溜まりに溜まっているユンポ君///
一度吐き出したくらいでは、まだまだ貯蔵庫に一杯溜まってます///

それなのに、嫁!!
夫の冷めないブツを握って、一人でぐ~すか寝るとか・・・
さすがチャンミンだわね(笑)

何日連続出来るかですってぇ~~
だめだめ、花園の誰かが止めないと、いつまでもヤってますよ彼らは(爆)

| こっこ | 2017/10/31 21:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/1435-ae6e6e2a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT