東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Never to change

コメントをくださった
leonさん♥
y*kiyukiさん♥
c*co.hanaさん♥
ありがとうございます♪

久しぶりに、こっこさんの妄想にお付き合いください
いつも温かい拍手をありがとうございます







・・・・・・おかしいな

兵役を終えたヒョンは、一回りも二回りも成長し
自立した、立派な男になっていて
以前のように、僕がヒョンの身の回りの世話をしなくてもよくなっていたはず

それなのに・・・


「な、チャンミナ・・・俺の財布どこ?」

「リビングのテーブルに置いたよ、ズボンのポケットに入ったままだったから」


-----そのズボンも、ベッドサイドに脱ぎっぱなしだったけどね


「ほんと?ありがと・・・・、ん・・・?スマホも無い」

「寝室にあるよ、今充電してる」

-----スマホも、ズボンのポケットに入っていたけど?
しかも、充電切れてたし


新しく借りた二人のマンション

僕は、少しだけ・・・ほんの少しだけ期待していたんだ
除隊後の、自立したヒョンの姿
もう、僕があれこれと世話を焼かなくても
自分の持ち物は自分で管理し、生活力のないヒョンに苛々することもなくなるだろうって・・・


リビングに向かって歩くヒョンの後を追っていると、
ヒョンは、躊躇いもなく自然な動作で、廊下の真ん中に靴下を片方脱ぎ捨てた

え?もう片方はそこで脱ぐの?
廊下の途中で脱ぎ捨てられた、片足分の靴下を拾い
もう片方は、リビングのドアの前に脱ぎ捨てられている

せめて同じ場所で脱いでよ・・・
だから、ヒョンの靴下はいつも片方がなくなるんだ

すっかり、以前のヒョンに戻ってしまった
本人曰く、僕が傍にいると言わなくてもしてくれるから・・・
つい、甘えてしまうんだとか

だから、結局僕がヒョンの世話をする羽目になる
大きな溜息をつきながら、洗濯機の中に靴下を放り込み
もう一度溜息を・・・


けれど、忘れた頃に、ふとなくなった靴下が出てくると
小さな幸せを感じる僕は、ヒョンの世話をするのが嬉しくて堪らないのだ

言わないけど・・・本人の前では言わないけどね?
ヒョンは何もしなくていい
僕が全部してあげるから・・・なんて思っている事は内緒だ


「チャンミナ、こっちおいで」

「うん、コーヒー淹れたら行くね」


だって・・・嬉しくて仕方ないんだ
ヒョンと一緒にいられることが・・・
もう、離れる事はないのだと思えば、頬が緩んだって仕方ないでしょう?


「ちょっと、・・・それじゃぁ、僕がコーヒー飲めないでしょ?」

「嫌なのか?」

「・・・・や、・・・じゃないけど・・・」


二人分のカップを持ってソファに腰を下ろすと
ヒョンは、待っていたとばかりに僕を抱き寄せる

そして、そのままコーヒーを口にして


「・・・・ん、・・・苦・・・っ」

「そう?お前の唇は甘いけど?」


甘いカフェオレを卒業して、ちょっと大人のコーヒーを飲めるようになったヒョン
口に含んで、そのまま僕の唇を強引に奪う


「もっと欲しかったら言えよ」


・・・・・っ


僕を見下ろしながら、もう一口コーヒーを含む
意地悪な笑みを浮かべて、まるで僕を挑発するかのように・・・

こんなにも色っぽく、コーヒーを飲む必要がある?

僕は、寝起きで髭が生えたヒョンも
口を開けて、寝息を立てるヒョンも
お風呂上りに、裸でうろうろするヒョンも・・・
どんなヒョンだって、欲しくて欲しくてたまらないんだから



「・・・ん、もっと・・・欲しい、ヒョン・・・・
 もっとちょうだい」

「仕方ないな・・・お前、こんな甘えただった?」

「・・・うん、・・・僕、ヒョンに甘えるの好き・・・
 ヒョンも、僕に甘えてね?」


何だってしてあげたい

ヒョンと離れて、ようやく気付いたんだ
甘えられる人が傍にいないことが、こんなにつらいなんて・・・

ヒョンが僕をどれだけ甘やかしてくれたか・・・
どうして、僕はその優しさを素直に受け止められなかったのだろう
今さら後悔しても遅いのだけれど


・・・・・え?
シウォンさん?

・・・・彼は、ヒョンに代わって僕を見守ってくれて
もちろん、とても感謝しているけれど・・・

やっぱり、僕にはヒョンが一番なんだ

改めてヒョンの大切さに気付いたから・・・
ヒョンの愛情も、優しさも、全部素直に受け止めるって決めたんだ


離れていた間に成長し、変わった事も沢山あるけれど


お互いへの深い愛情と感謝
僕達二人にとって、一番大切な赤い光
二人、共に歩んでいく未来

ヒョンと僕にとって、大切なものはずっと変わらない
同じ未来を描いているから

ヒョンの隣
それが、僕の居場所なんだ




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・知ってるよ
皆が、僕のつんが何処に行ったのか噂していること
ソウル警察に置いてきたのだろうって?

違うよ
元々、僕につんは無いんだ

僕を甘やかすヒョンと、ヒョンの過ぎる愛情への照れ隠しだったのだから
それを隠す必要がなくなっただけ

ヒョンが傍にいてくれることが心強く、何よりの幸せだと気付いたから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもポチっとありがとうございます

スポンサーサイト

| 小説 | 22:44 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こっこ様❤

ランキング1位✨✨✨
おめでとう🎉ございます🎊
( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆素敵❤

ユノヒョン❤のお世話をしながら
甘えたしててO(≧∇≦)O
幸せヽ(´▽`)/嬉しいε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
可愛い💕😆チャンミンのお話🎵
大好き💓♥❤
見ているこっちも凄ーく幸せ💓

いつも素敵なお話をありがとうございます
ユンホ様とチャンミンの
イチャイチャ💕😆初夜❤の
続きも楽しみにしてます♪ヽ(´▽`)/

| leon | 2017/10/28 07:34 | URL | ≫ EDIT

leonさん♥

コメントありがとうございます(^^)

(''ω'')ノ
あら、ほんと^^
leonさんに言われて、思わずランキング確認しちゃった(爆)
本当にいつも応援ありがとうございます(〃▽〃)
これからも楽しんでいただけるように頑張ります♥

良妻丸出しのチャンミンが可愛くて仕方ないの♥
あ、もちろんリアルの方のチャンミンねw
愛されて益々美しくなったチャンミン^^
今後、チャンミンのつんが発動するのは、ペンに対してだけでしょうね(笑)

| こっこ | 2017/10/28 13:39 | URL |

h*sekaumiさん♥

拍手コメ、ありがとうございます(^^)

健気なお世話チャンミン♥
楽しんでいただけて嬉しいです///

ユノヒョンがミンに甘いのは相変わらずですが^^
ミンも随分甘くなりました(笑)
妄想が追い付かないくらい幸せですね♥

| こっこ | 2017/10/28 13:42 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/10/28 23:01 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/10/29 00:34 | |

き*んさん♥

コメントありがとうございます(^^)

いつでもどこでも仲良しラブラブなホミンちゃん(〃▽〃)
ツンを何処かに捨ててきたらしいミンは、本当に可愛い♥
ヒョン大好きが伝わりますよね^^

ユノは昔からチャンミン溺愛ですし♥
妄想よりもラブラブな二人です(≧▽≦)

| こっこ | 2017/10/31 21:13 | URL |

c*co.hanaさん♥

コメントありがとうございます(^^)

甘え上手なチャンミン♥
そりゃ、ユノも溺愛するわw
可愛いし、気遣いできるし、最高の嫁ですね(〃▽〃)
こっこさんも見習わなくっちゃ(爆)
・・・・無理だけどwww

| こっこ | 2017/10/31 21:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/1434-17145189

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT