東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Mirror 11.

コメントをくださった
c*co.hanaさん♥
き*んさん♥
leonさん♥
ありがとうございます♪

Mirror 11. (part.~changmin~)
いつも温かい拍手をありがとうございます









「・・・・・わぁ、・・・凄い人・・・」

「迷子になるなよ?チャンミン・・・手を」

「・・・・はい」


街の中心部まで行くと、人通りも多く、とても賑やかだ
お店もたくさんあって、活気に溢れていて・・・僕には未知の世界

きょろきょろと辺りを見渡す僕は、人波に紛れてしまい
ふらふらと彷徨ってしまう

見かねたユンホ様が、僕の手を引いて脇道に逸れ
ぎゅっと手を握ってから、元の道に戻る



「・・・・ユンホ様、あのお店は何ですか?」

「肖像画・・・とまではいないが、似顔絵を描いてもらえる店だ」

「行ってみたです」


今度は僕がユンホ様の手を引っ張って、目的のお店まで急ぐ
店先には、小さな子供の絵や動物の絵・・・様々な作品が置かれている
優しいタッチの絵に囲まれ、心が和むような・・・それでいて、わくわくするような高揚感

僕の目が、よほど輝いていたのだろうか・・・


「描いてもらうか?」

「いいんですか?」


ユンホ様が、お店の主人に話しかけると
奥の部屋へ案内され、僕を椅子に座らせる
首を傾げていると・・・


「ユンホ様が店先にいらっしゃると、人が集まってきますから・・・
 すぐに描き終わりますから、楽にしてください」

人の良い笑みを浮かべながら、飲み物と焼き菓子まで出してくれて
特別待遇されている・・・、こういう些細な事が、ユンホ様が王子であると再認識させる

でも、他の人から見れば、ユンホ様は王子様にしか見えないかもしれないけれど
少なくとも、僕に接してくれるユンホ様は、普通の男だ

・・・いや、もちろん・・・
普通の男とはかけ離れた美貌とオーラを放っているけれども・・・


「あの・・・僕、・・・・自分の絵を描いてほしいのではなくて・・・」

「・・・・では、何が欲しいんだ?」

「僕、ユンホ様の絵が欲しいです・・・
 ユンホ様の似顔絵があれば、会えない日も淋しくないかな・・・・って・・・」

----だめですか?

恐る恐る上目遣いで問えば、ユンホ様も店主も驚いた顔をしている


「まさか、そんな・・・・ユンホ様をモデルに似顔絵など・・・
 恐れ多くて・・・」

「主人、チャンミンが欲しいと言っているのだから描いてやれ」

「・・・・しかし・・・」

「では、俺を愛しい者へ贈り物も出来ない甲斐性無しにするつもりか?」

「いいえっ、そんな・・・とんでもない」


ユンホ様は長い足を組み、椅子にもたれ掛かる
ただ座っている姿さえ美しい

絵を頂ければ、会えない時もユンホ様を感じられそうだ


ユンホ様を描くなんて恐れ多いと、恐縮していた店主だけれど
さらさらと一時間ほどで、ユンホ様だけではなく、僕の似顔絵まで描いてくれた

ユンホ様の絵は僕の手元に
僕の絵は、ユンホ様の元へ
お互いが、お互いの絵を部屋に飾ろうと約束して店を後にする

店の外には、ユンホ様を待つ人で溢れていて


「ユンホ様、チャンミン様・・・・こちらへ」


待機していた護衛の騎士様が、人混みから連れ出してくれた
ちらりと騎士の姿を覗き見ると、騎士とは思えないくらい美しい人だ

ユンホ様の周りには、美しい人ばかりなのだろう
それに比べ、地味な僕・・・
ユンホ様の目には、僕が霞んで見えないのだろうか?


「疲れたか?」

「・・・はい、・・・人に酔ってしまいました」

「本当に人に慣れていないのだな?」

「・・・はい、僕は娼館からあまり出た事がないので・・・」

「店主自慢の箱入り息子らしいな」

「・・・・・え?僕が・・・ですか?」

「シウォンのお気に入りから仕入れた情報らしい」


-----シウォン様のお気に入り

テミンだっ

テミンは、また僕をからかって・・・
しかも、僕の知らない所で・・・ユンホ様の耳にまで入っているじゃないかっ


「過保護な主人で助かった、・・・そのおかげでチャンミンと出会えたのだから」

「・・・・ユンホ様、・・・」


目の前の男は、この国の王子様で・・・
本来ならば、言葉を交わすどころか・・・近付く事さえ出来ない存在だ

けれど、ユンホ様は人との間に壁を作らず
集まって来る小さな子供に、剣を教えたり・・・抱き上げたり
とても親しみやすい

そんなユンホ様だから・・・町の皆からも好かれているのだろう

ユンホ様の存在が遠くに感じる一方で
心は急速に惹かれていく
この想いを誰が止められるというのか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもポチっとありがとうございます
スポンサーサイト

| Mirror | 21:25 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/09/01 02:22 | |

こっこ様❤

いやいや❗
止める必要ないから~💕😆
てか!むしろ加速してε=ε=(ノ≧∇≦)ノ❤
ユンホ様に飛び込んじゃってーーー👊😆🎵

leonはスマホで観ても
PC画面にするのが日課❤
そして暫~くニヤニヤ眺める(//∇//)
怪しくてもやめられない🎵止まらない❤
幸せ♪ヽ(´▽`)/

| leon | 2017/09/01 23:40 | URL | ≫ EDIT

c*co.hanaさん♥

コメントありがとうございます(^^)

何処でも人気者のユンホ様♥
ユンホ様のいる所には人が集まる♪
吸い寄せられるのね~きっと^^

でも、お隣には可愛い可愛いミンがいますからね(〃▽〃)
ユンホ様にお触りしていいのはミンだけよ♥

お二人は順調に愛を育んでいます///

| こっこ | 2017/09/03 16:19 | URL |

leonさん♥

コメントありがとうございます(^^)

よし!花園の皆で、ユンホ様のお胸に飛び込みましょう♪
受け取ってもらえるのはチャンミンだけだと思うけど・・・
もしかして、ミンと間違えて他の人を・・・
なんて事は絶対無いですね(爆)

うんうん♥
ぜひともPC画面で見てください(≧▽≦)
こっこさんもニヤニヤ♥

| こっこ | 2017/09/03 16:22 | URL |

拍手コメをくださった方へ♥

なるほど・・・
ユンホ様は王様の貫禄(〃▽〃)

うんうん♥
座ってるだけで堂々としてますもの(≧▽≦)

ユンホ様を目にすると、誰もが惹かれていく・・・
罪な男です///

| こっこ | 2017/09/03 16:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/1395-95c5dbfc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT