東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Dr.×Ns._Restart 4.

コメントをくださった
c*co.hanaさん♥
鈴子さん♥
leonさん♥
ありがとうございます♪

Dr.×Ns._Restart 4. (part.~changmin~)
いつも温かい拍手をありがとうございます








「平気か?」

「・・・・はい」


本当は平気なわけがない
ユンホ先生が言うには、僕の骨格は男にしては華奢で・・・
腰も細く、受け入れるのは辛いだろうと

でも、ユンホ先生は、僕の身体を知り尽くしているから
挿入を伴っても、最小限の痛みを感じるのみ・・・

ゆっくりと行為を進め、とても丁寧に優しく僕に触れるから
ユンホ先生に愛されると、体中から幸せが溢れて来るんだ



「腰、浮かせて?」

「・・・はい、・・・・ん・・・・っ、熱っ・・・」

「お前の中も、負けないくらい熱いぞ」


言われた通り、腰を浮かせると、ユンホ先生に足を持ち上げられる
ぐっと押し込まれたユンホ先生の熱
挿入は久しぶりで・・・身体を割られるような痛みに、表情が険しくなってしまう


「・・・ん、・・・っ・・・・そこ・・・っ」

「自分で腰振るとか・・・チャンミンも溜まってた?」

「だって・・・ユンホ先生が焦らすから・・・っ」


お尻の奥にユンホ先生の熱が当たるのに、わざといい所を避けて
僕のを握りながら最奥を突くから・・・呆気なく放ってしまいそうだ
でも・・・僕のお気に入りの場所を知っているくせに放置するとか・・・
意地悪だ


「・・・・・んぁ・・・っ、・・・ゃ・・・ぁ・・・・、もっと・・・」

「どっちだよ」


口元を緩めたユンホ先生が顔を覗き込み
目尻の涙を舐め取ながら、いい所を集中的に攻め始める
なんて極端なんだ、この男は・・・・っ



「・・・・・・なっ、・・・ユンホ先生・・・?・・・なんで・・・・」


あと少し・・・もう少しで達しそうだったのに
ユンホ先生はぴたりと腰の動きを止めてしまう

また、意地悪されたのかと思い
涙目で睨み付けるけれど・・・



「なぁ、チャンミン・・・」


見上げたユンホ先生の表情は、真っすぐに僕を見下ろして
熱を孕んだ視線の奥は、とても真剣だ



「俺さ、医者になって・・・いつか開業するのが夢だったんだ」

「・・・・はい」

「将来は、静かな場所で一人で生きていこうと思ってた、
 ・・・・お前に会うまでは」

「・・・・んっ、・・・・ぁ・・・・っん」

ちゅっ、音を立てて重なる唇はとても甘く
ユンホ先生と出会った頃を思い出す
一瞬で惹かれたのだ・・・目の前の外科医に



「田舎は不便だしさ・・・慣れない環境で、お前には苦労をかけるかもしれないけど」

ユンホ先生は、僕をぎゅっと抱き締めて
一呼吸置いて、再び口を開く


「俺は、チャンミンを何処までも連れて行くよ」


「・・・・え」


「ずっと頑張ってきた、今の職場を離れるのは嫌かもしれないけど・・・
 俺は、お前を置いて行く気はないから」


「・・・・・はい」


ユンホ先生が開業するという話が出てから
その時は、僕も今の職場を辞めてユンホ先生に付いて行く
それは、二人の中で暗黙の了解で・・・
今思えば、こうやってきちんと言葉にされたのは初めてだ



「チャンミン、俺に付いて来い、・・・・俺の傍にいろ」


-----一緒に来てくれるか?、とか
-------傍にいてほしい、とか

僕の意見を聞くでもなく、ユンホ先生の中では既に決定事項

そんな強引さが、ユンホ先生らしくて



「はい、もちろんです」


僕は、にっこりと微笑んで、ぎゅっと抱き締め返す

言われなくても、ユンホ先生に付いて行くつもりだったけれど・・・
はっきりと言葉にされると、こんなにも嬉しいものなのか


「泣くなよ、嫌がってるみたいじゃないか」

「・・・・違います、・・・・嬉しくて・・・」


ユンホ先生に求められて傍にいるという現実
幸せすぎて、自然と涙が溢れてしまう



「よし、じゃ・・・続きするぞ」

「・・・・え、・・・・ぁ・・・っん・・・」


甘い空気に酔いしれる暇もなく、行為を再開するユンホ先生
この強引さが、ユンホ先生の魅力なのだ

愛する人の腕の中で、僕はもう一度誓ったんだ
これから先の僕の人生は、ユンホ先生を支え、彼のために尽くすと・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもポチっとありがとうございます
スポンサーサイト

| Dr.×Ns.(続編) | 23:02 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

やっぱ…

Dr.ンホに間違いはなかった‼︎ 大好きぃ〜。゚(゚´ω`゚)゚。💕

| 鈴子 | 2017/07/08 23:56 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/07/08 23:56 | |

ズッキューン♡
ドッキューン♡
ひまわりキュン死です(〃▽〃)

ユンホDr. … この有無を言わさぬ命令口調!
こんなステキな人が世の中(お話しの世界だけじゃないわ♡)にいるなんて……(T ^ T)
ユンホDr.が大好きです♡
今日はね…秘密だけど…ひまわりの大好きな人のバースデーだったんです!
その日にこんなユンホDr.に逢えたことキセキです‼︎ こっこさん、ブラボーです(//∇//)/

ナースミンのシアワセが溢れてますね〜♡
素敵なナースミンだからこそ、ユンホDr.の俺様感が半端なくカッコイイ♡
だって・・・・これ、相手がダサミンだったら…想像しても、イマイチじゃありません?

こっこさんのチャミ族には、それぞれピッタリのユノ族が巡り会っているんですね(๑˃̵ᴗ˂̵)
何かいいわぁ〜♡
またアレコレ全部読み返したくなっちゃいます! そしてニヤけるひまわり… (ಡωಡ) ♡
むふふふふ……♡

| ひまわり | 2017/07/09 00:32 | URL |

嬉しい❤️

二人の仲は、わざわざ言葉にしなくても
暗黙の了解!
とはいえ、やっぱり言葉にして欲しい乙女心!
感激です❤️
良かったね!チャンミン❤️
私も嬉しい〜!

| 由香ちゃんみん | 2017/07/09 10:36 | URL |

こっこ様❤

キャッーーーO(≧∇≦)O
ユンホDr.素敵❤
言葉や行動とどれを取っても
ドキドキε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

ひまわり様に1票✋
たくさんのユノ族とチャミ族の中から
ピッタリなマッチング❤
こっこ様流石です💕❗
続きを楽しみにしてます♪ヽ(´▽`)/

| leon | 2017/07/10 09:02 | URL | ≫ EDIT

鈴子さん♥

コメントありがとうございます(^^)

あぁ♥
こっこさんも大好き(〃▽〃)

ユンホDr.みたいなお医者さま・・・いないかしら?^^
でも、もし・・・ユンホDr.が産婦人科医だったら、恥ずかしくて通えないわね(≧▽≦)

| こっこ | 2017/07/11 20:23 | URL |

c*co.hanaさん♥

コメントありがとうございます(^^)

ユンホせんせーーいっ♥
えっちの最中にそんな事言うなんて・・・///
あまりの衝撃に、ミンナースのチビミンが萎れちゃうじゃないの(爆)

俺様ドクター素敵♥
※ユンホDr.に限るw

| こっこ | 2017/07/11 20:50 | URL |

ひまわりさん♥

コメントありがとうございます(^^)

ひまわりさん♥
秘密のバースデー☆おめでとうございます(〃▽〃)
偶然とはいえ、イケメンユンホDr.に逢えて良かった♥

きっと、ダサミンもお祝いしてくれたでしょうね( ´艸`)

うんうん♥
ユンホDr.とミンナースの美形お色気カップルだから素敵なんですよね~♪

惹かれ合うユノ族とチャミ族♥
ぴったりフィット(笑)
これ、シャッフルしたら大変な事になると思うわ・・・

ていうか、ダサミンを受け入れてくれるユノ族がユンホ先生以外にいるか心配www
ダサミンだけ売れ残るかもしれません(爆爆)

| こっこ | 2017/07/11 21:01 | URL |

由香ちゃんみんさん♥

コメントありがとうございます(^^)

とっても大事な事なのに、さらりと告げてしまうユンホDr.
ミンナースもこれで安心ですね♥
言葉にしてもらえると乙女は嬉しいのよ(〃▽〃)

チャンミン、幸せボケしてないかしら^^;

| こっこ | 2017/07/12 16:47 | URL |

leonさん♥

コメントありがとうございます(^^)

男前ユンホDr.(〃▽〃)
ミンナース、とっても愛されてるじゃないの♥
健気で真面目な良妻ですから・・・♥
ユンホDr.を陰でしっかり支えてくれるわ♪

ユノ族とチャミ族はピッタリなマッチング(≧▽≦)

あ~、ほんと・・・
ユンホ先生、ダサミンと出会ってくれてありがとう♥
ユンホ先生がいなかったら、いつまでも売れ残ってしまいますもの(爆)

| こっこ | 2017/07/12 16:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/1367-08fc383b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT