東方神起-MAX ~saranghae~

東方神起 ユノとチャンミンを応援しています。 『ホミンはガチ!!』 管理人の脳内は妄想のみ。 ホミンのガチネタに激しく突っ込みつつ、 腐目線でホミン(ホ)小説を綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Blue Rose(特別編_秘めた恋心 8.)

コメントをくださった
c*co.hanaさん♥
leonさん♥
ありがとうございます♪

Blue Rose(特別編_秘めた恋心 8.)
いつも温かい拍手をありがとうございます








僕は国王様が好きで
国王様も僕を愛してくれて・・・二人とも同じ気持ち

結婚とか、お妃とか・・・僕にはよくわからない
そして、お城の偉い人達が国王様と僕の仲を認めてくれるか・・・
まだまだ乗り越えなければならない壁が沢山あるみたい


「チロは何も心配しなくていいんだよ?
 ユノと僕がついているからね?兄様も、絶対にチロを守ってくれるよ」

「はいっ」


ぎゅっと抱き締めてくれるチャンミン母様
言葉は少ないけれど、いつも傍で見守ってくれるユノ父様
二人に出会えた事に僕は感謝しているんだ



「いいか、チロ・・・国王から、今夜は部屋に泊まれと言われても断るんだぞ」

「はい、ユノ父様」

「チロ、夕方に迎えに来るからね?
 今夜は僕がチロの好きなお肉を焼いてあげるから、頑張って」

「ありがとうございます、チャンミン母様」


翌朝、いつものようにユノ父様と一緒に国王様のお部屋へ向かう
そして今日は、チャンミン母様も一緒だ

僕は、両親と約束を交わし
国王様へ気持ちを伝えるために、お部屋にやって来たのだ



「今日も来てくれたのか、チロ」

「はい、国王様に伝えたい事があります」


勢いよく言葉を発したけれど、その後は続かない
どうやって気持ちを伝えればいいのかわからなくて・・・・

「チロが人の姿になれたのは嬉しいが・・・
 キスをする必要がなくなったのは残念だな」

「国王様は口付けが好きなんですか?」

「チロとするのが好きなんだ、俺はお前を愛しているのだから当然だろう?」


国王様は、お仕事の手を止めて僕を抱き締める

そうだ
僕も父様と母様のように、相手の気持ちに応えればいいんだ


「・・・国王様、僕・・・・・僕も、国王様が好き・・・・
 愛しています・・・・今日は、僕の気持ちを伝えたくて此処に来ました」


言葉に詰まりながら、ようやく伝えられた自分の気持ち

父様と母様は、いつも愛の言葉を囁き合って
そんな二人は、とても幸せそうにしているもの


「・・・・本当か?チロ・・・・俺を愛してくれるのか」

「はい、僕は何も知らなくて・・・一人では何もできないけど・・・
 それでも国王様は・・・・」

「もちろん愛しているさ、何も心配いらない・・・
 俺を信じて、ずっと傍にいてくれ」

「・・・・・はい、・・・・・ん・・・・・っ、・・・・はぁ・・・・っ」


更にきつく抱きしめられ、柔らかな唇が重ねられる
ぱくっと唇を甘噛みされ、ぺろりと舐められて・・・僕の体は力が抜けてしまった


「チロ、俺にはお前しかいない・・・だから、何度でも言う・・・
 ・・・チロ、俺と結婚してくれ・・・必ず幸せにすると約束する」

「・・・国王様と・・・・ずっと一緒にいられますか?」

「もちろんだ、俺は忙しい身だが・・・できるだけお前を淋しがらせないようにする、
 それに、ユノとチャンミンにもいつでも会えるように配慮してやる」

「・・・僕のために、そこまでしてくれるのですか?」

「当然だろう?チロは、俺にとって一番大切な人なのだから」

「・・・・・嬉しい、・・・・です」

「チロ、愛している・・・・俺と結婚しよう」


国王様が片膝をついて跪き、僕の手を取ってキスを落とす
これが、・・・・正式なプロポーズ?



「・・・・・はい」


国王様の言葉に、大きく頷く
いつの間にか、ぽろぽろと涙が零れ・・・
幸せすぎて体が震える


「チロっ、これでお前は俺のものだ」

僕の返事と同時に抱き上げられ、国王様の歓喜の声と共に
くるくると体が回転する


一国の王の結婚を、こんなにも簡単に決めてしまっていいのか・・・
それは僕に判断できるものではないけれど
国王様も僕も、とても幸せだ


「チロ?今夜は一緒にいられるのだろう?此処に泊まっていきなさい」

「いいえ、国王様、
ユノ父様からお泊りの許可をもらっていません」


今朝の、ユノ父様との約束を告げると、がっくりと項垂れてしまった国王様
そして、夕方になると、時間通りにチャンミン母様がお迎えに来てくれた

こういうのを過保護と言うそうだ
もちろん、二人に育てられた僕にとってはこれが当たり前なのだけれど・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもポチっとありがとうございます
スポンサーサイト

| Blue Rose (特別編) | 21:19 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/03/16 23:20 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/03/17 02:04 | |

こっこ様♥


チャミ族からの愛の告白されたら
我慢出来ないユノ族💕←ユンホ隊長は例外?
外泊禁止❗
手の早い国王様の行動を
ユノ父様はお見通し🎵 爆爆
唇にkissもOKはでてないハズ!?
本当の意味で『俺のもの』になるには
乗り越える壁が多いのね~(笑)
国王様頑張って❗❗

お迎えに来たチャンミン母様とチロちゃんの後を
『俺もチャンミンの手料理を食べたい❗』と
くっついて歩いているのかしら~🎵
チロちゃん🎵
今晩はチャンミン母様から質問攻めね♥
女子会の輪がO(≧∇≦)O楽しみ~🎵

お話しの続きを楽しみにしてます(^o^)🎵



| leon | 2017/03/17 08:21 | URL |

過保護バンザイ♬

ユノ父様の先制攻撃の勝利!
やりましたね!ユンホ隊長!
きちんとお父様との約束を守るチロちゃん
良い子ですね(❃´◡`❃)
ガックリとうなだれる国王
チロちゃんったら罪作りですね!
チロちゃんが寂しくないように!
チロちゃんがいつでもチャンミン母様と
ユンホ父様に会えるように!
国王の深い愛に包まれて
両親の愛に包まれて
よかったです!チロちゃん

| 由香ちゃんみん | 2017/03/18 19:14 | URL |

き*んさん♥

コメントありがとうございます(^^)

はい・・・
どこからどう見ても、過保護です(笑)

箱入り娘ですね♥
ユノ父様は、常に警戒してますから・・・
親友の国王が手が早い事はよく知ってるのでしょう(爆)

野放しにすると、すぐにチロちゃんを攫って行きますから
せっかく人の姿になれたけど、チロちゃんに首輪が必要かもしれませんwww
それとも、国王様を鎖で繋いだ方がいいかしら?^^;
そうすれば、お仕事もサボれなくなるし・・・
お屋敷に侵入することもなくなるし(笑)

・・・てか、国王様、ユンホ隊長に全く信用されてないみたいですね(笑)

| こっこ | 2017/03/21 19:40 | URL |

c*co.hanaさん♥

コメントありがとうございます(^^)

やった~~☆
改めてプロポーズされたチロちゃん(〃▽〃)
愛する国王様からの愛の告白に、尻尾を振って喜んでいるでしょう♪
あ・・・今は尻尾ありませんねw

今まで、散々ユンホ隊長を牽制してきた国王様・・・
ほんと、立場が逆転しちゃいましたね(笑)
ユノ父様は、我が子をとっても可愛がってますから♥

チロちゃんが大人になるのは、ずっと先かもしれませんね^^;

| こっこ | 2017/03/21 21:21 | URL |

leonさん♥

コメントありがとうございます(^^)

ユンホ隊長の忍耐力はユノ族一!

国王様は、我慢できない子です(笑)

真面目てお堅いユンホ隊長ですから
我が子が婚前交渉なんて許しませんよっ

その点、ミン王子は甘そうですけど♥

自分は、やりたくて仕方かったオマセ王子ですから(〃▽〃)

うんうん♪
ミン王子とチロちゃんの女子会も賑やかそうです♥

| こっこ | 2017/03/22 21:00 | URL |

由香ちゃんみんさん♥

コメントありがとうございます(^^)

ユンホ隊長の作戦勝ち☆
親友の国王様の考えなんてお見通しwww

大事なお子様ですから♥
簡単には国王様には渡せませんっ☆

チロちゃんは、ミン王子のように小悪魔ではありませんから^^;
自分から誘ったりしないしね♪

国王様も、いい子で待て☆しなくちゃ♥

| こっこ | 2017/03/22 21:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eternallymax.blog.fc2.com/tb.php/1322-9d0ce675

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT